【自分に正直に】若くて綺麗な自分が好き。 そういう自分でいたい。 それで誰にも迷惑かけるわけじゃない

未分類
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/study/9650/1346119331/l50

485 :幸せな名無しさん:2017/08/08(火) 23:53:03 ID:Yazo76f60

逆に私はいつまでも若いつもりで
老いなんて眼中にもなくて
スキンケアもメイクもファッションも
ずっと若い子向けの使ってたら
ある時急にそれが似合ってない、
間に合ってないことに気づいて愕然とした

いつの間にこんなに老けてたんだ?
この歳でコレはもう無理だったんだ
なんで誰も言ってくれなかったの?
もしかしてアイタタタと思われてた?
今まで自分が見てた自分はなんだった
ってくらい、まるで魔法が解けたように
現実が見えてしまい
今まで客観視できてなかった自分が
怖くなった

決して老いや年齢を感じさせる出来事が
あったわけでも
心境が変わった訳でもないのに
ある日突然鏡の中にオバサンがいた
一体これはなんなんだ


487 :幸せな名無しさん:2017/08/09(水) 10:11:11 ID:kYZLC3DU0

>>485
今いろいろ考えてる
(若さについてだけじゃなく)
ことに関連していて興味深いです。
個人的には
「若い自分を具体的に
イメージしていなかった」
からかと思ったのですが。

どこかのスレで、老いは生物が基本的に
経験することなので、
潜在意識の奥の奥の方まで
染み込んでいるから、そのブロックを
外すのは少し難しいかもしれない
という話を見たことあって。

具体的なイメージを意識的に定着させないと
(ただ「私は若い」というような
漠然としたものではなく、
ある程度はっきりしたイメージで)、
潜在意識の奥の老いのイメージに
どうしても引っ張られるのかな、とか。


489 :485:2017/08/09(水) 22:33:03 ID:zPjAKn560

>>487
老いのイメージもなにも、
自分が老いるとか歳とるとか考えてもなくて
身も心も20代で止まってた

当たり前のように20代の雑誌見たり
20代が集まるお店やイベントに行ったり
20代のファションメイクをして
その世代を同世代だと思ってて、
30~40代は年上だと思ってた

鏡に映る自分の姿も20代のままで止まって
見えてたはずなのに気がついたら
オバサンが映ってるし
年上だと思ってた世代が年下だったんだよ
ほんとに魔法が解けたような
フィルター外されたような不思議な感じ

取り合えず今は落ち着いて
自分の年齢を受け入れて
客観視する作業をしてます
そこにネガティブな観念は入り込ませずに
ただただ受け入れようと思っています


492 :487:2017/08/10(木) 12:41:04 ID:0DXFS9u.0

>>489
私は40になるまで年齢を意識したことがなくて、多分そこまでは
周囲も私を若いと思ってたと思うんですよ。

その頃、私の年齢を知らない
24歳の男の子から
遠回しに告白されたりもしたし。

でも急に出産についてとか
(子供欲しくないのに)、
結婚や世間の目について考え始めて
(本当は自分の今の生活に
満足してるのに)、
急に老けはじめたんですよ。

全然望んでもいない「世間の基準」
とやらに照らし合わせて
不安を自分でたくさんたくさん

作り出して。将来人に笑われるとか。
このままだと大変なことになるとか。

それって親の考え方って
分かってるんですけどね。
でも子供のころに強制された「常識」から
自由になるのは難しいですから。
笑うと口の周りにすごいシワができてたり、
白髪を見つけたり。以前は一切なかったので
愕然としました。
まあ年齢的なものだと言われれば
それまでなんですが。

3年近い試行錯誤の結果私は「なる」
がうまくいって、
今30代前半から時々20代に見られますが、見た目の若さだけじゃなく、
「肉体そのものが(機能も見た目も細胞も)
25歳」って思っています。

いろいろ試して今思うのは
(前と少し被りますが)
「『老い』は、生物の長い歴史のなかで、
潜在意識の奥の奥まで染み込んでいる
概念なので、若くいたければ『意図的にそのブロックを外す必要がある』」だったりします。
すっきりうまく説明できなくて申し訳ないですが、つまり、若いままの感覚で、
「何となく」
自分が若いと思ってるだけなら、
肉体は普通に老けるんじゃないのかな、
とか。

それに抗いたければ、「○歳の若さ」とか「こんな風に若い肉体(ビジュアルで)」
など超具体的なイメージを、
せっせと意図的に潜在意識に刷り込む必要が
ある気がします。

長くなってすみません。


493 :487:2017/08/10(木) 12:54:36 ID:0DXFS9u.0

あと、ここの書き込みをみて、
いつも印象的なのですが、
「若さ」を求める人の多くが、それを
「何かの代償
(今の年齢で持っているべきものを
持っていないから的な)」
と捉えている気がします。

でも多分、「若い自分」が「嬉しいから」、
若くいることを選択する、
みたいな意識の方が、
より早く達成できるかもです。
私の場合、IENAやJournalStandardや
beamsなどの服が好きで、
似合う姿でいたいので若くいたい
ってかんじです。
ピッタリ似合うと嬉しいです。

代償などのネガティブな動機から
スタートしてもいいけど
(何事にもきっかけは必要なので)、
そのうちポジティブな動機から
求める方が効率いいかもです。
精神衛生上もいいし。


494 :幸せな名無しさん:2017/08/10(木) 13:38:56 ID:q0bZ9cSA0

>>493

すごく興味深いお話をありがとう
漠然と「若くいたい!」より、
若くいた方が良いと感じる目的に
焦点を当てた方が良いのかも?
と私も最近思い始めてた
例えば若くないと就くのが難しい職に
就きたいのなら
その職に就くために若くなろう!
じゃなくて、ただただその職に就いて
充実している自分を望むとか

ずっと若い男性を好きになってしまって
引け目を感じるなら、
若くなるより引け目ブロックを
壊した方がきっと早い


495 :487:2017/08/10(木) 14:04:36 ID:0DXFS9u.0

>>494
ホントそうだと思います。
達人たちもおっしゃってますが、
本質的な目的は
「特定の具体的なものごとを手に入れる」
ではなく、「満足を得る」
ことだと思うので。

ちょっと広げた話になりますが、
私はイウォーク師匠の「なる」
に共感したクチですが、
彼女の話のなかに
「そのうち、細かく『なる』をしなくなる」
という内容があって。
例えばカレーが食べたいと思ったとき、
最初は「ジャガ芋やカレールーが
安く手に入る自分」
など細かくイメージしますが、そのうち
「おいしいカレーが食べられる」とか、
もっと「とにかく美味しいものが
食べられる」発想になるという。

私も最初は(ピンク呼吸をやっていたので)「口周りのシワがない」とか
「全身の肌がきめ細やかで白く
透明感があってもっちりふっくらで…」
とかやってましたが、そのうち
「実質も見た目も25歳」になり、
実は今は「完璧で理想的な容姿」
になっています。若見えだけじゃなく、
他の願望も多分、ゴールが
「総括的で」「発展性のある」
ものに行き着けばオッケーなんじゃないかな
と思っています。

ただ、いろいろやって思いますが、
ゴールはそこでも、スタートはやっぱり
細かい部分からになるんじゃないかと。
「すべてを包括したアファ」って、
ブロックが多い段階では
直感的に受け入れられないと思うし。

ああ…どうしても長くなっちゃう。
スレ消費してごめんなさいね。


498 :487:2017/08/10(木) 16:59:24 ID:0DXFS9u.0

>>497
これを見ていて、自分が直面している問題の
一つをふと書きたくなりました。
今日は一日お休みなので、
何度も登場してすみません。
しかも毎回長いし。

私は何年もじたばたして、
ようやくかなり若く見える(おそらく)
状態になれたのに、今私を時折ふと
うっすらと襲う感情があって。
それを分析していたら
「自分の異様な若さに、
人が不満を感じたらどうしようか」
という不安だったことに
衝撃を受けたんですよ。

特に女性からは、賞賛以外に
「何らかの理由づけしようとしている」
空気を感じるので。
例えば「生活に苦労してないから」
「子供がいないから」など。
それは自分の努力と選択の結果なので
当然の権利だし、
人は好き勝手言うものだって
わかってもいるんですけどね。でも、
それなりには悲しくなるんですよねえ。

私個人の過去やメンタリティの問題も
あるけど、社会的に暮らすなら、
もしかすると誰もがある程度
「大幅に人と違ってしまうこと
(たとえ、富裕や若見えなど、
少なからずの人が望むような種類の
大きな成功だとしても)」
に対する恐れを、潜在的に
持ちうるのではないか、
と思ったりしています。

私が不安と同時に感じていた感情は、
正直にいえば「申し訳なさ」でした。
努力もしてきたし、欲しいと思った気持ちも
本当だし、何より
「そんな発想は全くナンセンスだ」
と客観的には明確に思えるのに。

もちろん人に面と向かって言われたとしても
止めたりなんかしないし、
享受できる喜びはありがたく満喫しますが、
人間の感情って複雑だなあと。
心理学で言うところの「成功不安」
とはまた少し違うけど、
「成功」に対するブロックって
あるのかもなあと。


491 :幸せな名無しさん:2017/08/10(木) 09:22:27 ID:1S9qFSmY0

>>489
魔法がとけた、と思った切っ掛けに
なるような出来事があったのでしょうか?
そしてそれは自分だけの見え方では無く、
周りの反応に変化はあったりしましたか?
友人達は今まで貴方にどのような態度で
接していたのかな

質問責めでごめんなさい、
私もわりと貴方と似たようなタイプで
歳下の友人の方が多く、その友人達からも
同年代のような接し方をされているんだけど
本当はどうなのか、
ちょっと不安になって来た

意識で保っていたものが突然……
なんて事もあるのかと思うと怖いし
保っていたどころか単なる
自分の勘違いだったらもっと怖いなと


500 :485:2017/08/10(木) 18:21:00 ID:2ALjs5720

>>491
キッカケは特に思いあたらず
心境の変化があったわけでもないと
思ってたのですが
ただ周りの反応で思いあたるのは
実年齢を申告すると常に
「えー!見えない!若い!」
と言われてたのが
いつの間にか言われなくなってました
もしかしたらその辺りからあれ…?
て思いはじめたのかもしれません

>>492
とても興味深いお話をありがとうございます
参考にさせて頂きます
自分がどうありたいかという具体的な
イメージは欠如してましたね
あと成功に対するブロックがあるのも
とても共感しました

私も「苦労していないから
いつまでも子供っぽい」
とかよく言われていました
それもいつの間にか
言われなくなったのですが…


499 :幸せな名無しさん:2017/08/10(木) 18:05:26 ID:o.RJdT960

>>498
それは超若く見える時に言われた。
楽そうだよねって。
言われてもいいから若返りたい。
けど、30半ばで独身で
大して仕事もしてないことに
負い目でもあるんだろうか?
498さんはどうやって乗り越えたんですか?


501 :487:2017/08/10(木) 19:06:44 ID:0DXFS9u.0

>>499
乗り越えてはいませんが(多分)、
開き直りですかね。

「人にはそれぞれ性質がある」
「誰かが決めた
(そしてもしかすると多くの人が従う)
『そういうものだから』
って事柄に適応するとき、
とても強い心的抵抗と努力を
必要とする種類の人間もいる」

「人と同じカテゴリーのことをすることに、
人よりも苦痛を感じて、
それでも自分の心を騙して頑張って
その引き換えに得るベネフィットが、
本当に自分の満足に引き合うか」
ってよくよく考えたとき、

「そこまでして欲しいものじゃないじゃん」
って心底納得行ったかんじですかね。
費用対効果が引き合わないわ的な。

もっと正直にいえば
「その人たちの『義務』とやらに
乗っかって、
顔や見た目が同じようになってもいいか」
と考えたとき「冗談じゃないわ」
って思ったんですよねえ。

実際なれてもなれなくても、
若くて綺麗な自分が好きなんだもの。
そういう自分でいたいんだもの。
誰にも迷惑かけるわけじゃない。
他人が私を見て感じるネガティビティは
その人自身の心の歪みの問題で、
私には全く関係ない。
あがなって差し上げる関係でもなければ、
謂われもない。そもそも自分にとって
特別な人でもないのだから。
どうしてそんな人たちの勝手な感情や
基準で、自分の可能性を
手放さないといけないの?と。

それで得られる別の幸せもある、
とまことしやかに言う人もいるけど、
何が幸せか決めるのは自分ですもの。
他人が納得する幸せって何よ?と。
何を選んだところで
義務やリスクはそれなりにあるのだし。

もし人の基準に合わせて頑張った末に
手に入れたものが気に入らなくて、
おまけにその人たちと
同じ外見になったって、
人が責任取ってくれるわけじゃ
ないですしね。
そんな見た目で生き続ける自分が
地獄なだけですわ。

好きにやっていいんですよ。これ多分
若見えのことだけじゃない気がしますが。
この社会で生まれて生きてきたから、
その間に刷り込まれたものに
苦しむことは時々あるけど。


509 :幸せな名無しさん:2017/08/10(木) 22:09:04 ID:3kO6TOec0

>>501

通りすがりだけど、
考え方にものすごく賛同した。
そして保存したwなんかありがとう。


511 :487:2017/08/11(金) 07:48:43 ID:PdzcSgAs0

>>508
戒めも代償も、存在しないと
思ってるんですよ。
そういうのを作り出すのは
自分の心なだけで。

だから、本当は
「人と同じような人生を生きる」
=「見た目が老ける」
ってわけでもないと思っています。
他人が言うような「一般的な」
人生を生きても
(まあ一般的なんて、
それ自体幻想ですが)、
見た目が若い人もいるだろうし。

ただ、自分の今の見た目の若さを
支えているのは、
自分のなかの違和感に気づいたとき、
じっくり自分自身に向き合って
原因を突き止めたり、
アファメーションをしたり、
肉体の丁寧なお手入れができるような、
心や時間の余裕だと思っていて、
その時間が取れることを
ずっととても気に入ってるんですよ。

それは、やっぱり、
子育てしてると
なかなか難しいことですしね。
自分が気に入ってやっていることを、
人の目や意見を気にしてやめるなんて
無意味だし、実際自分の若さに
好き勝手な理由をつけて来る人たちに、
自分が求めているような
「若さ」があるかといえば、
あったためしがない。

だから、その人たちの言うような人生に、
興味もなく、やりたいと思っても
いないのに乗っかって、
本当に欲しいものを手に入れるチャンスを
失うのが嫌なのです。

でも、何事にもルールはなく、
「子育てしている」
=「自分に向き合う時間が取れない」
=「見た目が老ける」というのは
私の観念の問題なので、
もし自分が子育てを余儀なくされたなら、
そこのブロックを外すことを
まず検討すると思います。
今その必要がないのでしませんが。
そもそも子供が欲しいと思ってないし、
今の自分の生活に満足しているし。

彼らは彼らの欲しいものを求めればいいし、
自分は自分の欲しいものを
手に入れればいい。
要するに「自分の心からの欲求は何なのか」
ということをしっかりと見極め、
例えばそれが人の考える「常識」とやらと
大幅に違ったとしても、
本当に欲しいなら自分を曲げない強さを
持つ、ということだと思っています。

とかく、人の話の本質が理解できずに
言葉尻だけを捕らえて
くだらない批判したがる人もいますしね。
そういうのって、
若見えのことだけじゃないでしょうけど。

特に「見た目の若さの維持」というのは、
仕事やオフィシャルなつきあいなどと
違って、対社会的に何らかのスタンスを
表明すべき必要もない、
完全に個人的に行える信念なので、
本当にやりたいなら
やればいいと思いますよ。

お互い、満足な人生を生きられますように。


517 :487:2017/08/11(金) 21:11:15 ID:PdzcSgAs0

>>516
他人のいいところをけなしたり、
妙な理由をつけようとする人の言う
ネガティブな内容はたいてい
「自己紹介乙」ですからねえ。

どっちみち何をやろうと、
うまくいけばいくほど、
人の目に付けば付くほど、
それを気に入らない人は
羽虫の如くわきますもの。
そういう人の意見に乱される心が
勿体ないですよ。

「あなたのため」などと親切顔や
人生の先輩面で来る、
全く深くもない知り合いは
どこにでもいますが、
信頼も尊敬もしていない相手にされる
アドバイスほど役に立たないものは
ありませんわ。
そのエネルギーはご自分自身のために
使ってくだされば、
双方発展的で宜しいのにね。

自分の願望を実現させるとき、
一番留意すべきことは
「他人と比べて優越感を感じるのではなく」
「それが純粋に自分の喜びになる」
ようにいることじゃないか、
と思っています。それさえできれば、
時にぐらぐらすることはあっても
最終的に開き直れますよw

書き込み拝見してふと思ったのですが、
「自分の味方が自分自身」かどうかって、
かなり重要なんじゃないかと。
達人さんたちのおっしゃる
自愛ってやつですが。

自分の環境はそのまま自分の内面の投影
らしいですから…ってなんか
えらそうですみません。
それこそ「深い知り合いでもない」
人間の戯言と思っていただければ。

コメント

潜在意識ちゃんねる♡まとめ