既にあるんですよ… まじで。 たとえ車庫見て何も無かったとしても、 車庫にあるジャガーを100%信じられる状態になります

パンツのゴムさん

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1325255867/

628: もぎりの名無しさん :2012/02/19(日) 22:45:46 ID:sB4ZHTV20

はじめまして。
ちょっと変な感覚になってしまって、
このままでいいのだろうかと。

願望というのはそもそも、
“求めているものを得る”ことではなくて
“得ている状態になっている”
ことじゃないのかと思いついたとき、

もうすでに持っているが願望?
なんで求める必要があんのか?
もうすでにあるのに?

“既にある”ことが願望なら、
願望抱く必要なにもないやんけ。
すいませんうまく説明できません。
ただ、そう思いついてから
今までの渇望が消し飛んだというか。

これが噂の7章なんですか?

さっきも求めているものとは
真逆の現実見ましたが、
今まではそれ見て焦っていたはずなのに、

今はなんでずっと
こんな求めていないものを
変えようとばかりしてたんだ、
これはもともと求めてないんだから
自由にさせといていいやんか
としか思えなくなりました。

うまく言えなくてすいません、
ちょっと脳が混乱している感じで、
もしやただの現実逃避なのか蓋なのか、
判断ができません。

     

631: もぎりの名無しさん :2012/02/20(月) 02:29:14 ID:Jl3pFrE.0

>>628

すみません、質問ですが、
自由にさせといて良かったのにと思う
求めていないものって何ですか?
自由にさせるって
「あるがまま受け入れる」
とかそういう感覚ですか?

   

632: 628 :2012/02/20(月) 04:10:18 ID:sB4ZHTV20
>>631

あ、まさにそんな感じです、
あるがまま受け入れることが
出来るようになった…。

今まで、求めていない現実→求める現実
(にしないとならん)、
の矢印がどうしてもくっついて
消えなかったのが、
まさにパンツのゴム切れるかのごとく
スパーンと関係性無くなったです。

なので求めていないもののほうは
あってもなくても別にどうでもいい、
日常生活におけるセロハンテープくらい
どうでもよくなったとでもいいましょうか…
どうなったってそのままでいいよ
関係ないからみたいな。

なんでパンツのゴム切れたのかは…
ちょっとわかりませんが…うーん。

   

637: もぎりの名無しさん :2012/02/20(月) 17:16:01 ID:JX5HX3KI0

>>632
パンツのゴムわろたw

   

649: 628 :2012/02/21(火) 19:28:22 ID:sB4ZHTV20
>>639
こちらこそありがとうございます。

今までよくわからなかった“既に在る”
が何故理解できるようになったのかは、
すいません、わかりません。

ただ、まさに>>642さんが
おっしゃられているように、
何度もこういった気付きの段階が
ありました。
まさにその階段の一歩という感じです。

現象化に関しては、
常に全てが現象化している、
としか言えません…。

  

既に在るの感覚を説明しますと、

お金を例にします。

お金が欲しいと思います。
普通、まだ手に入っていないから、
お金が欲しいと思います。

ですが、本当に欲しいのは、
友人の財布に入ってるお金とか
宝くじ当たった人が持っている大金とかの

“手に入っていないお金”
ではないはずです。

自分の財布とか自分の口座に
どっさんたぷたぷとある、
“手に入っているお金”
が欲しいはずです。

手に入っているものが欲しい…
これはちょっとおかしいです、
手に入っているならもう欲しいと
思わないはずだからです。

既に在るお金が欲しいをイメージすると、
欲しいの部分が消えるはずです。

既に在るお金に意識を向けたときには
渇望はおこりません、せいぜい
「ああ…これでどれだけの
セロハンテープが買えるだろう
(うっとり)」とか、
ありがたやぁ~とか安心感とか
お金のことすら忘れてるとか、
そんな感じだと思います。

まだ手に入れていないお金が欲しい
と思うとき、
ネガティブさがわいてきて当然です、
何故なら望んでいないものを
望んでいることになっているからです。

“手に入れていないお金”
の状態を望んでいるからです。
願望と意識との矢印逆向き状態です。

手に入れていないお金は、
例えば友人に財布の中身を見せろと
懇願すれば、友人の不振な視線と共に
得ることが出来ると思います。

こんな感じで、もともと、
欲しいと思ったものにはすべからく
最初から
“既に在る”という性質があるではないか。
ということを思った次第です

ためしに既に持っているセロハンテープを
意識してみてください。
何故そのセロテープはもう持っている
と言えるのか。
家にあるからとかどこぞで自分が買ったから

などは全て無視すると、
そこにはただ
セロハンテープがあるだけです…。

モノ自体には持っているとか

持っていないとかの性質は

もともとついていません、
意識が勝手に持っているか
持っていないかの性質を選んで
つけているだけです…
そして選んだとおりに
モノがふるまってくれているだけです。

望んでないものを選んでいるときは
ネガティブな気分に、
望んでいるものを選んでいるときは
ポジティブな気分になるのでしょう。

いかに今まで、望んでいないものを
望んでいると勘違いしていたか、
わかるようになりました。

この脳の語彙力では多分
今はこれが限界です。
まるで言葉遊びみたいですね。
なんじゃこりゃ。

    

654: 628 :2012/02/21(火) 21:19:07 ID:sB4ZHTV20

>652
おっしゃるとおりです。その通りです。
「既に俺それ持ってんだ? どこによ?」
と探し出した時点で、
既に所有していないことを認めております。
故に所有していない現実が現れる、
ということです。

所有しているか、していないか、
どちらに意識を向けるかの違いです…
と耳タコなことしか言えませぬ…。

    

664: 628 :2012/02/22(水) 19:34:21 ID:sB4ZHTV20

>>662 
こちらこそありがとうございます。
言語化不可能なこのニュアンスが、
少しでも伝われば…。

>>656
体感…そうですよね、したいですよね、
これがまた…
頑張って書いてみます。

既に手にしているものを手にしたいと思う。
これは、既に食べている真っ最中の
リンゴに対して、
リンゴ食べたいなーと思うのと同じです。
今食ってるやんけ。

もしですよ、もしを付けて結構です、
もし、“既に所有していて
その確証が確実に在るお金”
があるとしたら、
そのお金に対してどう思いますか。
その思いがイメージできたなら、
もう終了です。
やることはありません。

でもまだ手に入れていない、
何処にも無い、と思うかもしれませんが、
それは当たり前です、
手に入れていないものは
どこにもありません。
そう思って全然かまいません。
それを無くそうとか否定とか
しないでいいです。
ただ認めてください。

“既に手に入れたもの”に対する思い と、
“手に入れていないもの”に対する思い
の区別はつきますか?

ついたなら、どちらか好きなほうに
意識を向けるだけです。

しかし、“既に在る”
を理解していない状態で抱く
“既に在る”のイメージ
(>>652さんが、でも最初は~
と表現してくださった)は、
ああこれか…と理解した“既に在る”
とは全く違います。

多分、認識変更前に、
既に在るを理解することも
イメージすることも不可能です。

今まさに思います…言葉ってなんか変だと。
こんな簡単なことさえ
伝えることが不可能なのだと。

何度も似たような文章を目にしましたが
以前はさっぱり理解できませんでした。
何故急に理解できたのか、
その理由はわかりません、すいません。
でもそこが知りたいのだと思います。

ニューアースという本によると、
気付きは恩恵のようなもので、
自分ではどうしようもないらしいです。
しかし、そういったものがある、
ということを知ることも
気付きのプロセスであり、
いったんプロセスが始まれば
決して戻ることは無く
気付きに向けて進むだけであると。

ですから例えばこの板を見ている方などは、
間違いなくすべからく悟れます。
ということになります。
この本の著者のおっさんが
何故そんなこと断言しているのかは
知りません。
でも、ああそうだなぁと
何故かうなづけます。

にしても、達人という言い方は一体…?
あたりまえのことを
あたりまえに見れるようになるだけですよ?

むしろ、あたりまえのことを
わざとあたりまえに見えなくして、
しかもそれに100%のめりこんじゃっていた
という以前の認識のほうが、
まじすげー…ゴクリ… 
って感じでごわす。

     

667: もぎりの名無しさん :2012/02/22(水) 20:24:11 ID:uJFuW/0s0

>>664 追加。
>>多分、認識変更前に、
既に在るを理解することも
イメージすることも不可能です。

では、認識変更なしに「既にある」
を理解は無理だから、
認識変更しろ!って事なんだろね。
これだから万人には・・ムズイんだべな~。

あなたは認識変更したようだから、
「既にある」認識については
認知してるみたいだから聞きますが、

所有権としても
「~が欲しい→~を持ってる。
所有してるぜ俺」って感じなんですか?
車だったら、
「高級外車欲しい→高級外車既に
俺ん車庫に既にあるやんけ」
ってなってるんだしょうな?あなたは。

    

669: 628 :2012/02/22(水) 20:48:29 ID:sB4ZHTV20

>>667
そうなんですよ…既にあるんですよ…
まじで。
そうとしか思えなくなります。

たとえ車庫見て何も無かったとしても、
車庫にあるジャガーを
100%信じられる状態になります。

文章にするとまじで変な人ですね。

     

668: 628 :2012/02/22(水) 20:39:13 ID:sB4ZHTV20

>>665-666
すいません、本当にうまく説明できません、

語彙不足で申し訳ないです。

所有している という概念と
所有していない 
という概念があるだけです。

概念というか、思い込みがあるだけです。

それを確認するための外の世界(現実)
というものは、
存在していないのです、
としか言いようがありません。

だから例えば認識変更後、
“既に在るお金”を選んだ状態で
口座がスッカラカンだったとしても
財布がスッカラカンだったとしても、
なんとも思わなくなります。

    

679: 628 :2012/02/23(木) 00:05:53 ID:sB4ZHTV20

>>673
口座がスッカラカンでも、
お金まみれな口座を信じられるように
なるから不安とかは思わない、
という意味です言葉足らずでしたw

わたす免許持ってないし
車に興味ないから
いまいち想像できませぬが、
車庫に車が無い状況 と、
車庫に車がある状況 が、
全く別物になりますので、

どちらの状況も100%信じることが
できるようになり、
どっちも選ぶことができるように
なっちゃいます!

しかも、選んだほうが
エゴ視点での現実
(外の世界)でも現れちゃいます!
エゴが納得できる形を通して。

だからまぁそのいわゆる時間差とか
いうやつはあります。

しかしまじであなたの言うように、
文章にすると突っ込みどころ
満載なんですよ!
それはもう面白いほどに!
自分で書いてても意味不明です。

外の世界が存在していないというより、
概念がそっくりそのまま
外の世界として現れているように見えます。
これが流行の、世界=自分です。
だから確認は不要なのです。

これ以上は、すでに達人さんたちが
散々書いておられる耳眼タコな文章
しか書けませぬ…。
桑田さんのブログとか、
わかりやすかったです。

認識変更したら、現実は変わるのか
←そんなものは知らんし、
どうでもいい、です。
    

688: 628 :2012/02/23(木) 00:38:38 ID:sB4ZHTV20

>>682
そんな感じで、とにかくどんどん、
手に入れている と、
手に入れていない 
についての思いを見つめてみてください。

メソッドですか…
5年間、ありとあらゆるものをやりましたw

そして>>683さん、
同じくメソッドには全て撃沈しました。

というかそれら全て必要な過程でした、
それはもうみごとなほどに。

   

713: もぎりの名無しさん :2012/02/24(金) 20:07:19 ID:sB4ZHTV20

ylWx4a2Y0さんのおっしゃる通り。
>>649はこうすればいい的な
メソッドでなく、
何もする必要がないということを
この脳が使える言葉で
表現してみただけのもんです。
言葉はただの最大公約数だし。

紫色と聞いて思い浮かべる紫色が
十人十色なのが五感・思考の世界。
他人の言葉を聞いてその感覚を
同じく自分に感じさせるのは不可能。

別の領域とか本当の自分とか
既に在るとか悟りとか気付きとか
まぁなんかそんなんは、
脳によって表現が全く違っていても
矛盾していても
感じているものは全く同じ。

五感の外、樹形図の一番下、0次元。
それしかない、同じというか同一。
私はあなたであなたは私です。
だから大丈夫です。

どうすればいいかわからない
それでも何か読みたいならば、
ここではなく、
文を書くプロが書いたもの、
前に出た
「ニューアース」(エックハルトトール)とか
「夜と霧」(ヴィクトールフランクル)
とか見たほうがいいかもしれません。

>>711
ありがとうございます。
しかし一瞬でした!5年前かぁ。
卒業式袴着たのがまるで昨日。

むしろ、何も始まっていませんでした。
これからが始まりです。

御清聴ありがとうございました。

コメント