「沸いてくる思考を眺めている意識」 の方が本当の自分。思考が何を言っていようと、何いってんだw って感じでどーでもよくなる

自己観察さん(自愛)
*108以外*質疑応答【3】 - ザ・チケット板 - したらば掲示板
2ちゃんねる型“無料”レンタル掲示板なら「したらば掲示板」。カスタマイズしやすく多機能な、無料のBBSです。

405: もぎりの名無しさん :2011/04/09(土) 17:26:40 ID:psg5Ebes0

>>404
理解が進むと、内とか外とかの
境界自体が曖昧というかなくなってくるので、
結局自分が決めればいいだけだった
と気づくんだけど、

>「受け取っていい」って決めたんで、
と自分が決めたことに最大の権限を与えて、
「これでいいのかなー?」
とかしなければいいと思うよ。

408: もぎりの名無しさん :2011/04/09(土) 20:01:24 ID:ErNuslLoO

先日自己観察さんからお答えいただいた者です。
お答えいただい後、
“別の領域”ってこの場所のことか?
…となったので。
安心感、幸福感、愛を感ずる…
快を感じている場。
ここのこと?

だとすると自己観察さんがおっしゃる
「特別な場所じゃない」って本当だ。
日常的に感じていた場所だ…

「そうは言ってもやっぱり
特別なんじゃないかな?」
と探し続けていたから見失なっていた?
あまりに一体だったから。
寝こけていたんですかね。私…

この場所で間違いでなければですけれど。

409: もぎりの名無しさん :2011/04/09(土) 20:22:22 ID:psg5Ebes0

>>408
間違いなくそこですよう。
全然普通で「なーんだ」でしょ。
ただ今まで、そのことに気づけてなかっただけ。

今まではそのことに気づけなかったから、
無意識のうちにエゴに力を持っていかれてたけど、
これからはエゴがどんなに騒いでも
そこにいる自分に気づいてるだけでいい
ってことだよ。

そこに慣れれば自分が決定してることが
世界を決定してることが
わかるようになってくるよー。
よかったねーー!オメ!!

426: 394 :2011/04/10(日) 00:31:36 ID:wZSp1rt20

意図ってなんでしょうか?
108さんは意図を働かせると安心感があり、
願望に執着する必要性を感じなくなる、
と仰ってるのですが、

それってなんでなんでしょう。
普通の思考と何が違うか、
わかる人いませんか?

427: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 00:43:55 ID:psg5Ebes0

>>426
「あれいいなー、欲しいなー」とか
「食べたいなー」と思って、
それを自分のものだと決定するのが「意図」。
自分のものだと決定したので、
安心するし執着できない。

そのあと不安になったり迷ったり、
脳内でシュミレーションして
「こうなったら嫌だから
こんな風に手に入って欲しい」とか

その他いろいろ、
「自分のものだと決定している対象」に対して、
「まだ自分のものになってない」という前提で
あれこれ考えてしまうことが
「意図を取り下げる思考」です

449: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 13:55:15 ID:9hqsfbXM0

>>427 自己観察さん。
「あれいいなー、欲しいなー」とか思って、
それを自分のものだと決定するのが「意図」。

↑これが、決定するのが、
出来ないというか難しい・・・。

「決定したつもり」と「決定した」
の違いは分かるが、
たぶん大体自分は前者をやっちゃってる。
あ~~~「決定した」
の立ち位置にほんと立ちたい。

欲しいものが無い前提
(喉から手が出る程欲しい)で
「意図を取り下げる思考」しながら
それが「自分のものだ」

と決定しようとするから、
いつも「決定したつもり」になっちゃうのかな・・・。

かといって「意図を取り下げる思考」
も好きでしてるわけでもなく、
やめたいんだけど、自然に湧いて出て来る。
蓋はイカンし、

自己観察さん
この状態でいつ? どう? 
「その欲しいと思ったものを
自分のものだと決定(意図)するんだ?」と
理解に苦しんでいます。ご教授願います。

452: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 16:39:11 ID:F6loU2og0

みんな難しく考えすぎじゃないかと思う
チケット7章には、
『エゴと別の領域にいれば』、
分離は無くなる。待ち望む事は無くなる。
ってちゃんとはっきり書いてある。

全て関係ないつーより、
それは何もしないとかの問題じゃない、
7章からして、立ち位置、在り方として
外せない事じゃん
だから108さんのメソッド達は、
エゴの見解をキッパリと拒否するものだ
って本人も言ってる

それぞれが一番楽にエゴと決別して、
別の領域にいる事が出来る方法
判別してやっていけばいい

結果、精神的にも物理的にも
幸せになったモン勝ちだよ
方法なんて二の次

453: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 17:45:01 ID:psg5Ebes0

>>449
>↑これが、決定するのが、
出来ないというか難しい・・・。

「決定」すること自体は簡単なはず。
ただ「自分が決定する」ことに
実感とか信頼が伴わないから、
決定した「つもり」だけど
「無いが前提」が揺るがないんだとおもう。

>かといって「意図を取り下げる思考」
も好きでしてるわけでもなく、
やめたいんだけど、自然に湧いて出て来る。
>蓋はイカンし、

「やめたいんだけど」と思う必要ないよ。
だって自然に沸いてくるものは
止められないし。
蓋っていうのは、「やめよう」
とするから蓋になるんであって、

「沸いてくる思考を眺めている意識」
の方が自分だと気づいてれば、
思考が何を言っていようと、
「何いってんだw」
って感じでどーでもよくなるよ。

そもそも「やめたいんだけど」
と思ってしまうのは、
その思考に力を与えてるからだよ。
自分のものだと思ってるから、
「こんなこと考えたらだめだ。やめなきゃ。」
ってなる。

例えば、今目の前にコップとか
ペンとかPCとか何か
「あなたの物」があると思うけど、
「それは自分のもの」でしかないわけだけど、
もし誰かが「それ君のものじゃないよ」って
どんなに大声で喚いてたって、
何言ってんのー?ってどうでもいいでしょ?
むきになって「自分のものだー!」
って相手を黙らせようとするより、
知らん振りしてたほうが楽でしょ。

それと同じで、どんな思考が沸いてきても、
それは自分じゃないってことに気づけば、
「やめよう」とする必要が無いことが
わかってくるよ。

つまり「無いが前提の思考」っていうのは
本当の自分じゃない外野の声なんだけど、
それを自分のものだと思い込んでるから
苦しいだけ。

で、「眺めてる意識」が自分なんだ
と気づくために、
まずその沸いてくる「無いが前提の思考」
のあれこれをよーく観てみたらいいと思うよ。

何で現実に「決定権」を与えてるの?
どーして自分の「決定権」より
現実の方に力を与えてるの?
「喉から手が出るほど欲しい!」
と思ってるそれは本当に自分のものなのか
もし「欲しい!」という渇望が自分だったら、
「それを自分のものだ!」
と決定したのは誰だったの?

というようなことに気づけたら
いいんじゃないかと思います。
と思ったら

>452さんの素晴らしい書き込みが。
全くこのレスの通りです。

445: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 10:41:03 ID:3vr04Y8E0

自己観察さん!
自己観察さんのまとめを読んだり、
他の方とのやり取りをROMってたんですが、
最近、段々人生オートマを
ひしひし感じるようになりました

ああ、叶うじゃなくて、
起こってくるってこう言う事?みたいな。
あなたのおかげです。
本当にありがとう!

453: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 17:45:01 ID:psg5Ebes0

>>445
こちらこそありがとー!
人生オートマを楽しんでね!
もう困ったこと起きないからー。

455: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 19:05:22 ID:lsy17UVo0

>>453
自己観察さん、横からすみませんが
現実に決定権を与えざるを
得ない時はどうすれば?
例えば、とある綺麗な女性を
自分の彼女である!
とこっちが勝手に決めたって
そうは思えない現象が
目の前に展開されるじゃないですか?

いきなり「今夜会えるかい?」
とか言えないじゃないですかw
そういう時は、やっぱり彼女は
自分の彼女じゃない
と認定してしまいますよね。
そこをどうやって乗り越えれば
良いのでしょうか?

457: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 19:35:02 ID:psg5Ebes0

>>455
それって現実を優位だと思ってるからだよね。
「現実に決定権を与えざるを得ない」
と思ってるくらい自分に権限を与えてないのに
その視点のままで見てても何も変わらないよ。

それは乗り越えるんじゃなくて、
自分が現実に対してどういう立場にいたいか
ってことに向き合ってみればいいと思う。
そしてその先に現実に対して
自分が主体でありたいと思うなら、
それについてはずっと前から書いてるよ。
それはやってみた上での質問なんでしょうか。

462: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 21:50:39 ID:9hqsfbXM0

>>457 横ですが、
やってみたわけではないですが、

以前
完全に休日と思い休んでいたら
(一点の曇もない。思い込みじゃない)
会社から電話きて
「何してんだ? 今日来ないのか?」
というのはあったよ。

あと、
完全に「この子は俺の事好きだ」
(これも思い込みじゃない)
で絶対的な自信でデート誘ったら、
×で彼氏持ちでラブラブ最中
で「ごめんなさい」みたいなね。

463: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 22:20:17 ID:psg5Ebes0

>>462
「一点の曇りも無く」

「思い込みじゃない」
それはエゴとか顕在意識レベルで
そう思ってただけです。

「本気で人生を変えよう」
と思うくらいのときじゃないと、
心の底から「一点の曇りも無く」
なにかを決心することなんて
そうそう出来ることじゃないよ。

以前から何度か
あなたの質問に答えたと思うけど、
あなたは顕在意識レベルのことだけを
自分自身だと思ってるんじゃないか
と思うんだけど。

464: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 22:32:56 ID:psg5Ebes0

>>462
現実の主人である自分っていうのは、
エゴ以外の自分のこと。
エゴが騒いでいても、
それを自分じゃないものとして
取り下げる立場にいる自分のこと。

あなたの「一点の曇りも無く」
「思い込みじゃない」
その思考は本当に自分のものなのか。
そのことに気づける立場にいないから、
そう思ってるのに
思ってるのと違う現実が起きただけ。

459: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 19:38:19 ID:YBB7ivks0

願望実現にメソッドなど関係ない。
あらゆることが関係ないってことは、
ここで「わかんねーよー」
って質問をぶつけることだって
いいわけですよね・・?

「この板に張り付いているor
質問しまくっている
=それは叶わないという前提に
たっていることになるから叶わない。」

っていわれることがあるけど、
それすらエゴによる解釈にすぎない。
ってことでいいんですかね?

何をしてても、何やっててもOK。
7章というのは
「あなたは自由よ。そのまんまでOKよ」
ってことか。


・・とこれにすらこだわる必要はない。
以上のものを読んで「わかんねーよ」
と思ってもそれでOKってことか。

「わかんねーよ→だからオレは叶わねえんだよ」
と解釈することで
自由を放棄しちゃう。
自由だと。ただただ自由だと。
そういうことか。

快と感じる体感を信頼しろ。
いやでも、快と思えなくたってよい。

別の領域を感じろ。
いやでも、感じられなくともよい。

一瞬一瞬の自分を全てそれでOKと
認めてやろうぜってことですかね。
とらわれんでもええぞ、と。
でも、とらわれてもええんやぞ、と。
なんかそんな感じがしましたわ。
isaさんが既に何度も言ってた気がするなw

長いな、スマソ。

460: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 19:51:55 ID:J3V0ft7Y0

>>459
なんかかなり素晴らしいレスじゃないか?

願望とメソッドと自分を全部切り離して、
全部自由になって。
思い切り悔しがったり妬んだり怒ったり。
そんなことをしても何にも影響がなくて。
だから全力で、精一杯で。

単にそう思ったりしたりしてる

自分がいるだけ。
自由!生きてるって元々、
そういうことなんだよね。

474: もぎりの名無しさん :2011/04/10(日) 23:36:54 ID:psg5Ebes0

>>469
自愛は、私もその脳内会話?
が苦手なのですw
わかんなくなるようだったら
気にしないでいいと思うよ。
そうやっていろんな自分に気がついていくと、
なにもしなくてもそれが
浄化されていくから大丈夫だよ。

>>472
頭で、思考の範囲内で分析してみたって
わかるはずがないんだって。
だからそれ以上は、
自分で内面に向き合うとか、
思考を離れて眺めてみるとか、
他の方法でも何でもいいけど、
やってみたらどうかな。

本当の自分は思考じゃない
ってことが体感できたら、
その位置に立てるから
判断しなくてもわかるようになるよ。

>じゃあ「本当の自分」ってのは無意識なのか?

今まで無意識に自分の「決定」を
覆してきた思考に気づける立場に
立てばいいってこと。

意識的な立場に立つことで、
今まで自分が気づかなかっただけで、
自分が「決定」を覆してだけだと気づくから、
それがわかれば「決定を覆してた思考」
を取り下げればいいし、

それは今思ってるようなこと
「これも思考なんじゃないか」とか
「判断できなくない?」とか
「何を信じればいいかわからない」とか
そういう疑問とはかけ離れたところだから、
そんな疑問自体がなくなる。

とにかく頭だけで何かしようとしても、
それは無理なんですよ。

コメント