どんな願いでも持って構いません。 「こんな願いは駄目だよ」というのはありません。

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その28

829: 本当にあった怖い名無し 2008/07/27(日) 03:56:25 ID:/mH8QREh0
あ、そうだ、そろそろスレ終盤なので

 

来るとしたら週明けぐらいだと思うのだが、
わしもひとつ百八に
見解を聞いてみるのだぜw

 

例えばだ、あのホ・オポノポノの

レン博士は、ビジネスとこのオカルトな
ホ・オポノポノを
うまいこと両立させていると思うのだぜ。
それはもちろんジョーが
一緒にポノポノしているっつうか、
そもそもオカルトなヤツだから
だと思うのだぜ。

 

だがもし仕事上のパートナーがだな、

オカルトを否定するわけじゃあないが、
基本的にネガティブなポイントからしか
物事を考えないので
いっつも大変なストレスを抱えているように
見えてだな、わしとしては
このどうでもいいスタンスでいる方が
楽だと思うのだが、 
そんなわしから出てくる発想が、
パートナーには夢見がちで
現実逃避していてまるで
からかっているように
聞こえてしまうらしいのだぜww

 

でもって、仕事の主導権は

パートナーの方にあるので、
なるべくポジティブな発想を
スタート地点に持ってくるように
勧めてはみるのだが、
それがやはり「甘い」とか
「現実的じゃない」とか、
まぁそんな風に思っちまうヤツなので
(もちろん世間では
そう考えるのが普通だが) 
 
わしとしてはまぁとにかく
ポノポノするしかないのだぜw

 

てな感じの場合、

百八だったらどうするだろうか?
まぁつまりは自分のスタイルを貫くのか、
パートナーの前ではパートナーを
苛立たせない程度に
「現実的な」そぶりをするか、
あるいは……ってなコトだぜw
まぁ夏休みなので
そろそろ出てくるがイイのだぜw
842: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/27(日) 04:22:35 ID:DnRFoPE50
>>829

 

今回は質疑応答は無しのつもりでしたが、
だぜさんの日頃のスレへの

貢献度を考慮して(←上から目線w)
これだけお答えしておきます。

 

私がその立場だったら、

自分のスタンスは変えません。
でも、現実的なそぶりくらいは、
するかもですねw
まぁ、程度問題ですが。

 

ただし、相手をコントロールしようとも

しないと思います。
相手の発想がネガティブで、
「気の毒だな」
または「自分としてはやりにくいな」
と思ったとしても、
ご承知のとおり、
それはあくまで自分の
内部の問題であるわけです。

 

だから、ひたすら淡々と

自分を癒しながら、
そのギャップを楽しむと思います。
楽しむ感覚で観察してると、
ネガティブも意外と楽しいですよ。

 

では、近いうちにまた来ます。
ノシ

927: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:29:37 ID:UZ0gXdA40
こんばんは。
スレも終盤なので、

 

ご指名の質問にお答えしていきます。

12 :本当にあった怖い名無し:2008/07/10(木) 13:05:06 ID:rr4gmcXkO

 

得難い機会だと思うので、

ロム専でしたが108さんに質問します。
心からの願いについて、

制限を設けず静かに考えていたら、

「大学時代の夏休み」

という言葉が浮かんできました。

あの頃のように、何の気がかりもなく仕事もせず、

しかし金銭的な心配もなく、

好きなことだけやっていたい。

それが現時点のかっこつけない本音です。

自分の中の理性は

「甘ったれるな。ダメになるぞ」と叱ります。

多くを望まず、現実を受け入れた方が

心穏やかでいられるような気もします。
こんな願いでも持っていいのでしょうか。

引き寄せは可能でしょうか。

可能ならば、どのようなメソッドが有効でしょうか。
ご教示、お願いします。

>>12

可能です。
どんな願いでも持って構いません。
「こんな願いは駄目だよ」

というのはありません。

 

> 何の気がかりもなく仕事もせず、

しかし金銭的な心配もなく、
好きなことだけやっていたい。

 

この願いは、客観的に見ても

「持って当然な」願いです。
ところが、あなたの理性は

 

> 「甘ったれるな。ダメになるぞ」

「甘ったれた」「ダメな」願いだと、

勝手に駄目出しをしてしまっています。
これが実現において障害となる部分です。

 

メソッドとしては、

ここを掘り下げていってみると
良いと思います。
つまり、その観念と敢えて戦わず、
ただとことん向き合ってみるのです。
なぜ「甘ったれた」ことだと思うのか。
なぜ「ダメな」ことなのか。

 

じっくり向き合ってみれば、

それがただの思いこみだということが
明らかになります。
そうすれば、あなたの願いに対して
自分自身に許可を与えることが、
以前よりは、ずっと容易に
なっているはずです。
928: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:31:43 ID:UZ0gXdA40
 
 
>>23(五さん)

 

依存心を持っても構いません。
それは、外部に拠り所を求めている

行為のように見えますが、
単に探求を試みていいるだけのことです。
それが外部とか内部とかは、
どうでも良いことなのです。

 

山中でしか暮らして来なかった人が、

初めて海を知ったら驚きますよね。
近づいていって、
それを自分で体験してみたい
というのは当然の欲求です。
そこで暮らそうとすれば、
先住民の人に海とのつきあい方を
聞くはずです。

 

しばらく暮らしてみれば、

自分で分かってきます。
先住民も知らなかった
面白い発見があるかもです。 
経験者に聞くことも
少なくなってくるでしょう。
でも分からなくなったら、
また聞けばいいわけです。

 

なんだかんだ言いながら、

五さんはご自分で
判断しようとしていますよ。 
だからこそ、
依存している部分が
気になるんでしょう。
あまり神経質になる必要は
ないと思います。
929: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:35:28 ID:UZ0gXdA40
>>45

 

ホログラフィックな宇宙論ですか。
思えば「私の考え方のベースです」

とか言っときながら、
今まで、この部分については
あまり深くは触れてきませんでした。

 

仰るとおり、選択して

単純に移動すれば良いだけ
のことなのですが、
それがどういう感覚なのか、
実感がないのでピンと来ないと思います。

 

移動するためには、

行き先を決める必要があります。
あなたが現在Aという地点にいて、
10m先のBという地点に移動するには、
まずBという地点を見る必要があります。

 

「目的地はあそこだ」ということを、

まず決定する必要があるのです。

 

決定すれば、後は移動するだけです。

移動させるのは意図です。
これだけのことです。

 

「そんなこと言われても、

移動する方法が分からないよ!」

 

こんな風に考える必要はありません。
「分からないと移動できない」

という思いこみによって、
わざわざ移動を困難にする
必要はないのです。

 

「全てを予め知ってコントロール

しなければいけない」と思っていると、
既知である方法や手段以外は、
活用できないことになってしまいます。

 

そこを緩くしてください。
まず目的地を決め、

移動するという意図を
持ってみてください。
あと必要なことは、
自動的に揃ってくると思います。

 

(これについては時間が取れるときに、

いずれまとめて書きたいと思います)
930: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:37:33 ID:UZ0gXdA40
 
47 :前スレ845:2008/07/12(土) 02:03:48 ID:4LtzkPiY0108さんありがとうございます

 

やりたいことがあって、

もちろんそこの1位を目指しているのだけど
自分と同じようなポジションで、
しかも私のやりたいことをやって
その第一人者となっているんです
だからこの先、私がその人の
二番煎じになることが嫌なんです
その第一人者的位置な子の過去を亡くして、
私が一番最初になりたいんですよ

 

それと私はどうも幸せを感じたあと

それを脅かす敵にものすごく怯える癖があるんですよね
私と正反対のような人間は安心しますが
私と似たようなタイプにすごく敵意を感じてしまいます。
つねにそういう敵から足を引っ張られないよう
肩肘張っています。
 
なかなかクレンジングしても消えないです
何かいい方法ないですか?
>>47

 

相手の方の過去をなくす

必要はないと思います。
そこに拘っている以上、
あなたはずっと二番煎じに
なってしまうと思います。

 

実際にも過去は変わるのですが、

「過去を変えたい!」

こう思っていると、

その過去をより確定した状況として
支えてしまいます。

 

「同じポジションで第一人者の

人物の過去を変えないと、
自分は第一人者になれない」

 

この思いこみを捨ててしまうことです。
つまり、自分自身で

様々な条件を付加して、
敢えて困難な挑戦に
してしまう必要はないわけです。

 

「自分の幸せを脅かす敵に

脅威を感じて、
防備を固めてしまう」

 

これについては

「全て自分の内部で起きていることだ」
と理解することだと思います。
つまり、実際には
敵などいないわけです。 
実際にいるように見える相手ではなく、
それを投影している内部の観念と
向き合ってみてください。

 

「これを投影している、

私の内部の観念とは何だろう?」

 

こんな風にです。

向き合えば消えます。
931: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:41:30 ID:UZ0gXdA40
 
85 :本当にあった怖い名無し:2008/07/13(日) 03:35:11 ID:zH1wiPTN0
 
108さん質問が2つあります。
1、昔自分をイジメている子がいて、
その子が転校すればいいと願いました。
そして一ヶ月もたたないうちに
その子が転校してとても喜びました。
後から知りましたが親の離婚で転校したそうです。
そして数年後私も親の離婚で転校することになりました。
108式は因果関係はないとありますがやはり不安です。
昔から同じようなタイプの人に嫌なことをされ、
苦手意識があります。
これは心の中で自分に駄目だしを延々としているせいなのか
と思いますが止まりません。

 

2、特定の過去を消し去りたいです。
恥ずかしい写真が将来第三者に見られたら

と思うと怖くてたまらないです。
それとある司会をやりたいのですが、
もう半年前に別の人で確定され発表もされているのです。
どうしてもその特定の司会をしたいのですが
確定過去を変えるにはどうメソッドを使えばいいですか?。
お願いします。
>>85

 

1については、やはり

因果関係はありません。
そう思っているので、
現実もそのように展開しているように
見える、 というだけのことです。

 

同じようなタイプの人に

苦手意識があるのは、
それがあなたにとって
習性になってしまっているからです。 
2については、その
「怖くてたまらない」という想いを
手放すことです。 
 
もう一つについても
「どうしてもその特定の司会をしたい」
という想いを手放してみてください。
逆行しているように思えるでしょうが、
そう思っている限り、
あなたは望まない方向に
プロセスを進めていることになります。

 

>>85さんは、結構な勢いで

過去に生きている気がします。
かなりどっぷりと、
後悔に浸りがちなんだと思います。

 

まずは、そこを変更していくと

良いと思います。
「今この瞬間」に集中する癖を
つけていくと良いです。
これは上でも書きましたが、
 
意識的に支えることを止めると、
不都合な過去なんて消えていきますよ。 
そしてそれは、
未来についても同様です。
932: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:43:37 ID:UZ0gXdA40
>>87(再び五さん)

 

具体例については、

そのとおりです。
ただ、それが

 

「どうしてもしたくないこと」

 

であるかどうかは
人によって違ってくると思います。

 

ハッキリと決断しても良いわけですが、

状況によっては
「決断しなくてはならない」
わけでもありません。 
だから、自分の状況において
使い分けると良いと思います。 
 

> イヤなこと苦しいことも

エゴの解釈なので、
イヤがること苦しむことも
絶対的なものではなく、
> それ自体をやめれば、
何事も抵抗がなくなるのでは
ないでしょうか

 

この部分についても、

そのとおりですね。
嫌がったり苦しんだりというのは、
反応です。
反応は自分自身ではなく、
あくまで反応に過ぎないのです。
ここを理解しておくと、
反応に振り回されることは
なくなっていきます。 
 
本当にその時点で最善なことが、
すっと分かるようになるはずです。
抵抗がなくなれば、
そのことにベストな形で
対処できるようになります。

 

大切なのは、抵抗を意識的に

止めるということではなく、
それは単なる反応なのだということを、
始終理解しておくことだと思います。
933: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/29(火) 02:45:55 ID:UZ0gXdA40
 
96 :本当にあった怖い名無し:2008/07/13(日) 12:46:38 ID:7+1Qncai0
 
108さん、>>87の五さんの質問に便乗ですが、
ご質問させてください。

 

>・収入欲しいけど働きたくない 

→ 働かない。
>・人間関係うまくやりたいけど気を使いたくない 
→ 気遣いしない。
>・健康に生きたいけど運動はめんどくさい。
→ 運動しない。

 

上記の他に、飲みの誘いや遊びの誘い等、

イヤなことでも、イヤイヤながら、
やってみたり行ってみると、そこで嬉しいことや、
楽しいこともある場合があります。
 
またちょっとした願望がそこで
叶ったりするケースがあります。
このようなことがあるので、
エゴは嫌がっているけども、
別の領域はしたがっているのか?
その「○○しない」の線引きを
どこに設定したらよいか?ということなんです。

 

ただ、そのような時には応急的に、

108式メソッドの「今日はどうして楽しかったんだろう?」
「今日はどうしてうまくいったんだろう」を実践しています。
それが、効を奏していると確信はしていますが、
そのメソッドを行う以前より上記のようなケースがありました。

 

ご回答いただけましたら、幸いです。

よろしくお願いします。

>>96
それが本当に嫌なことなら

 

「絶対にしない」
と決めればいいと思います。
そうでなければ、
あまり神経質になる必要は
ありません。

 

実際にあなたは、嫌々ながら

やってみたり行ってみたりして、
そこで収穫を得ているわけです。
つまり、判断以前に行動を起こして、
好ましい結果を得ています。

 

だから、細かく判別する

必要はありません。
「常にベストなことが起きている」
と思っておけば、
その場その場で
判断を迫られるようなことはなく、
自動的に必要な行動や選択が
出来ていると思います。 
 
敢えて
「シビアな判断が必要とされる状況だ」
というように、
面倒に属性を決めてしまう
必要はないわけです。

>>97
面白いですね。

良いメソッドだと思います。
それを使って実際に収穫が
あったわけですから、
それはあなたにとって
有用なメソッドということになります。
私の方からは留意点はありません。
というより分かりません。 
そのうち何か留意点が出てきたら、
教えてくださいw

 

>>98
「今だけに焦点化した方が良い」

と感じているのなら、 
 
>>98さんにとっては、
このメソッドは無用ですね。
絶対的にどうこう
というものはないので、
自分基準で良いと思います。
どの方も、自分にとって
有用だと感じるものを
やっていってください。

コメント