感情ナビというのは、 「今あなたが感じている感情に類するものが、引き寄せられつつありますよ」 というサイン

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】 その15

136: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 13:11:44 ID:7zY+IzjD0
感情ナビってのは一見正しそうで

正しくないことがわかりましたぞよ。 

このすれでも度々話題になる認知行動療法。
鬱病とかに効果がある心理療法だそうです。
それの中の代表的技法に、
暴露療法というのがありやす。

わざと不安の中に身を置くことにより、

慣れを生じさせて
不安感の減退を目指す技法でごあす。
不安から逃げず、不安の中に自ら
飛び込んでいくことにより、
その感情は鈍麻するんだす。 
逆に、不安対象から逃げる、回避すると、
その不安対象に対する
不安感は益々増大するという
法則もあるんだす。
結論としてはだすな、嫌な感情から
逃げたりするのはよくないってことだす。
154: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/25(火) 15:34:03 ID:xh1Xpu8A0
感情ナビというのは、

「今あなたが感じている感情に類するものが、

引き寄せられつつありますよ」というサインです。

今現在、自分がどのプロセスにあるのか、

それによって簡単に判別できるわけです。
その指針に従って、
自らをより心地よい感情に導いていけば、
思考もそれに従って変化し、
より心地よい現実を
創造するプロセスに入ります。

本来は、ある思考に基づいて、

それに対応した感情が発生するわけですが、
逆に感情に注目することで、
自らの思考を誘導していくことが出来ます。
エイブラハムの感情ナビは、
正に逆転の発想なんですよ。

>>136さんのいう認知行動療法や

クレンジングというものは、
生活上や願望実現上の妨げになっている
思いこみや観念を
それと向き合うことで
無効化していくというプロセスです。

何かに対して不安感や罪悪感を

感じるということは、
明らかにそれがブレーキとして
作用しているわけですから、
適切なクレンジングを実行して、
その障害物を取り除けばいいのです。
この場合でも「不安感」「罪悪感」
という形で、
感情ナビは「障害物があるよ」
というサインを
ちゃんと示してくれているわけですね。

どちらが正しくでどちらが間違い、

という相反するものではなく、
ツールとして
その性質が異なるわけです。
159: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/25(火) 15:51:22 ID:xh1Xpu8A0

>>147
「復讐したい!」
というとき、感情レベルはどの辺でしょうか?
怒りは、絶望や無気力よりは上なので、

必ずしも悪いわけではない。
これはエイブラハムも言ってますよね。
「許さなければいけない」
と考えて憂鬱になるよりは、
全然マシです。

ただし、怒りの感情を抱き続けると、

それに類する現実が現象化してきます。
その時のケースでそれが上手くいっとしても

「復讐→満足」→

「復讐→満足」→「復讐→満足」…

このサイクルが延々続いていきます。
復讐しなければいけない状況を、

引き寄せ続けるということです。

それよりも、この時点で感情ナビに従って、
より上位の感情をめざして

誘導していった方が、
無駄なプロセスを省けて、
より幸せを感じられる現実が
現象化していきますよ、ということです。
167: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/25(火) 16:09:26 ID:GsHUh3O80
>>158
今感じている感情に類するものが、
即座に現象化するわけではありません。
これは、映画シークレットでも

説明されていますよね。
時間という緩衝体が
(本当はないのですがw)あるからです。

クレンジング、認知行動療法というのは
障害となっている原因を取り除くために、
意図してそれと向き合うわけです。
取り除くことが出来れば、

それを感じなくて済むようになります。
それを感じ続けて現象化させることが
目的ではありません。

ある願望について想いをめぐらせた。
「無理だ!」

「本当に実現して良いのか…?」
絶望感や不安感を感じた。
感情ナビに従って、
この願望については考えないことにしよう。

これではいつまでたっても願望は実現しません。
このときの感情ナビは

「自分の内面に妨げになっている障害があるよ」
というサインでもあるわけです。

その願望をあきらめて

別の願望を設定し直すのか、
障害を取り除いて
その願望を実現するかは
もちろんその人の自由です。
175: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/25(火) 16:22:56 ID:EXNgIZX+0
>>165
「必ずしも現象と連動せず、

幸せな気分に注目するように自分を誘導する」
のか、

「目の前で起きている(ように見える)

現象に連動して、
一々もっともらしく反応する」
のかは、自由なわけです。

前者は、自分で徐々に

現象化をコントロールできる
ようになっていきます。
後者は、常に現象に
コントロールされている状態なので、
思ったようなことが実現したり
しなかったりで、
一喜一憂の連鎖から逃れられないわけです。

>>161
認知行動療法やクレンジングでは、

そのプロセスによって、 
感じる感情は減少化していきます。
よって、現象化も自ずと減少化していきます。

しかし先の「怒り→復讐→満足」

というプロセスは、拡大化のプロセスです。
減少化ではなく、
拡大化による再現性を伴っているわけです。

認知行動療法・クレンジングは、

減少化のプロセスです。
実現による拡大のプロセスとは、
ベクトルが正反対なんです。
183: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/25(火) 16:38:49 ID:EXNgIZX+0
>>163
理性とエゴに関する補足説明ですね。
なるべく近いうちにやります。

>>168
「許容→満足」
このプロセスでは、

許容と満足が増大していくに伴って、
反対の「許容できない」

「不満足」な状況は減少化していきます。

もちろんそのプロセスで、許容することに不満を憶えているなら
それが繰り返し現象化されていきます。それは、
「許容→不満足」
というプロセスです。

>>172
「こうやってクレンジングしている間に、

現象化したらどうしよう!」
常にこのメンタリティで
クレンジングを行っていたら、
そうなるでしょう。
不安な感情に
焦点を合わせているからです。 
ここでも、感情ナビが
効力を発揮するわけです。
クレンジング後に、
障害となっている感情が
減少していることを実感できれば、 
望む方向に現象化する
プロセスに入っていることが
分かると思います。
そこに注目していれば、
不安が現象化するプロセスには入りません。

どんなメソッドも、

マイナス方向に考えれば
そのような結果に導かれるし、
自分にとってのプラス面に注目して
実行すれば、そのような結果になります。
あまり深刻・神経質に
考えないことがコツだと思います。
186: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 16:50:52 ID:WF+wqPpo0
108さん、「必ずしも現象と連動せず、

幸せな気分に注目するように自分を誘導する」

という事は、目の前に現れている現象は

無視をするという事ですよね?
あえてそこから現実的に
離れてみた方がいいのでしょうか?

あと、前の話なのですが

全てをエゴ以外の領域にまかせてしまう
ということは
願望の事自体も
もう考えないという事ですか?
191: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/25(火) 17:11:17 ID:EXNgIZX+0
>>186
必ずしも無視する必要はありません。
「現実」というものは、
「何が起きているか」ではなく、
「何を感じ取っているか」だと思います。

もちろん、無視した方が良い

と思うなら、そうしてください。
なれてくると、無視しなくても
大丈夫になると思います。

願望について考えても、一向に構いません。
ただし、それがマイナスの感情を伴うなら、

それなりの対処をしてください。
それについて考えないというのも
一つの方法です。

エゴ以外の領域と

つながっているときというのは、
特に願望について
あれこれ考えないようになっていきます。
それで良いのです。
願望についてあれこれ思考を働かせないで、
願望の実現した状態の感情を
感じるようにしてみてください。 
それは、エゴ以外の領域と
つながっている時の心の状態と
近いということに気づかれると思います。

>>187
おっ、クマさん!
ご心配いただいてありがたいですが、
あまり不安に焦点を

合わせないようにしてください。
私は書けるときで、
書きたいときにしか書きませんから。 
ということで、まずはこれにて。
また来ますノシ
前スレの人事異動さんのレスです↓

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】 その14

472: 本当にあった怖い名無し 2008/03/18(火) 01:20:43 ID:6A9A3TeC0
4/1付異動を叶えたかった者です。
先日はスレを大量消費してしまい、

大変失礼しました。
どうやら4/1付異動は無い模様ですが、
納得するにいたる出来事がありました。
先日妻が子供の部屋
の掃除をしていた時に
どこからともなく紙が出てきたらしいのですが
それに
「神様、10月の転勤にしてくれてありがとう」
と書いてあったそうです。
(紙自体は何となく隠す感じで戻したそうです) 
子供は「サラとソロモン」を読んでいますし、
「神様4/1付の異動でうれしいです。
ありがとう。
と唱えてみるよという私達の話を
聞いていたのだと思います。 
後日それとなく妻が
「今回パパの転勤は無かったけど、
○○(子供の名)はキリのいい4月
の転校がよかったんじゃないの?」と聞くと
「みんなと修学旅行に行きたいから、
9月以降がいい」と言ったそうです。 
 
私達が「最適だ」と思っていた4月が、
子供にとっては最適でなかったのです。
「自分自身【だけに】とって4月異動がベスト」
と考えていたかどうかを今思い返してみると
子供のことを気にかけていた
&期初だから4月!
と思いこんでいただけであって、
異動が5月であっても6月であっても
(もちろん早いに越したことは無いですがw)
自分自身は何も
困らないことに気づきました。
(←遅いよw)
紙がどこからとも無く
出てきたことを考えると、
「何で4月じゃないんだ?理由を知りたい」と
欲した自分に神様がちゃんと答えを
見せてくれたのだと確信しました。 
神様、108さん、みなさん、
本当にありがとうございました。

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】 その15

873: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/31(月) 18:49:59 ID:qtGY17q50
>>前スレ472(人事異動希望の方)

まさしく、あのとき私の紹介したメソッド、
「ああ、そうか!!」
というような結果になったようで、良かったですね。

で、ここからは>>865さんへのレスも兼ねますが、
>>前スレ472さんは、私とやり取りしたとき

「4月1日の異動が最適で、

どう考えてもそれ以外はあり得ない!」

という、かなり切羽詰まった状態でした。
しかし、この「どう考えても」が曲者です。
そうやって考えているのは、

エゴという狭い領域の判断においてです。
エゴが「最適だろう」と考えるものと、
別の領域が「最適」とするもの
(=真に最適なこと)は、
必ずしも一致しません。

この方の場合、

実際4月1日に異動が実現していたら、
お子さんは今の友達と
修学旅行に行くことが出来ず、
大変残念な想いをされたことでしょう。
しかもこの方は、
ご自分の希望部署への異動よりも、
お子さんの幸せの方を重要視されていました。
874: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/31(月) 18:52:31 ID:qtGY17q50
異動は別に4月1日付けでなくても、

いつでも起こり得ます。
あの方にとっては、
あのときそのように見えていた、
というだけのことです。 
結果「4/1が最適」というのは、
エゴの焦りから生じた、
誤った状況判断でした。
エゴは、お子さんが10月以降の異動を
望まれていることを知り得ません。
しかし別の領域では全てお見通しであり、
正に最適に計らっているということです。

そして「何故4月1日でないのか?」と問いかけ、
「神様ありがとう!」と感謝していたために、
お子さんの部屋から紙(神)が出てきて、
「ああ、そうか!!」

「神様ありがとう!!」
という現実を体験されたのです。

「早く○○を叶えたい!」
というのは、恐れから生じた渇望感です。

「早く叶えないと、

チャンスを失ってしまう!」

という、恐怖心から発生しています。
エゴはこのようにして、

本来は完璧に進んでいるプロセスを
台無しにしようと企てます。

しかし、強迫観念や恐怖心を

手放すようにしていくと、
この方のように
「完璧である本来のプロセス」が、
徐々に見えてくるようになります。
「なんだ、
一切心配することなどなかったのだ」
ということが分かってきます。

ということで、この方は今回のことで

認識を深められたのではないでしょうか。
それはつまり、別の領域への
信頼を深める出来事だったということです。
875: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/31(月) 18:54:39 ID:qtGY17q50
>>前スレ854(スレ7の174さん)

思い切って、

面接で落ち続けていることを
「完璧だ」
と考えてください。

現在の状況から感じている気持ちとは、
まるっきり逆で矛盾している考え方

かもしれませんが、
それで構わないので、
ただ断定してください。

「経済的余裕がなくなってきている」

ということに関しても、
ただそのように見えるだけなので、
安心してください。

「そのように見えるだけ?

違うよ、実際にそうなんだよ!」

と思われるかもしれませんが、

本当に違います。
そのように見えているだけです。

「面接に落ち続ける」

→「就職が決まらない」
→「仕事をしていないため、
お金が入ってくるわけがない」
→「経済的にどんどん枯渇していく」

このような思考を意識的・

無意識的に働かせているため、
現実的にそれを証明するような面を
見ようとしているだけです。 
現実でそれを体験しないと、
あなたの思考の辻褄が
合わなくなってしまうからです。
876: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/31(月) 18:56:55 ID:qtGY17q50
ご報告の通り、他の部分では明らかに

「別の領域」からの回答が現れてきていますよね。
その部分では、
あなたの観念が無防備だからです。 
就職が最優先事項であるため、
他の部分に関しては
執着心が極めて弱くなっています。
つまり、完璧な回答がもたらされることを
「許して」いるのです。

しかし就職の部分では、

必要性と重要度が極めて高いため、
完璧な回答がマジックのように
現れて来ることを、
実はあなた自身が内面で許していません。

「私はこんなに苦労しているのに、

そんなあっけなく解決されてたまるか!!」

こんな風にです。

嘘のように思えるかもしれませんが、
実際にそうなのです。
「こうでなくてはならない」
「これを実現しないと困る」 

始終このように感じているとき、
魔法のような解決が入り込む
余地はありません。

上の人事異動の方のケースを

参考にしてください。
エゴによる不足感からの
誤った判断を許しているため、
あなたが自ら進んで、
そのような現実を「見ようとしている」
だけなのです。

現実のように見える状況と、

自分の内面とを思い切って切り離すこと。
自分が望ましいと感じる状況に、
現実を思い切って定義し直すこと。 
これをやってください。
現実的状況判断に思考と感情が
引きずられている状態だと、
いつまでもエゴによる不足の連鎖に
つなぎ止められてしまいます。

状況判断を一切手放し、

思い切って断定してください。
あなたは、短期間の内に
凄い勢いで認識が
変化してきているはずです。 
エゴ以外の領域を選び続けてください。
おそらく、後一歩のところまで来ています。
私も経験しましたが、
最後の難関のような気がします。
880: 108 ◆90KoxUVipw 2008/03/31(月) 19:34:11 ID:0FE2ut5Z0
>>877
以前スレ11で私が書いた

「エゴの定義」を再掲します。

> 「我々は個別の存在であり、

安全から切り離されている」
>  という観念あらゆる思考と感情。 
>  また、それによって生じた
全ての現象と結に基づいた自我意識と、
そこから生ずる果であり、
「恐怖心」の源泉であるもの。

しかし、実際にエゴの誘惑か、

別の領域からの導きかを
判断することは難しいでしょう。

ここで間違った判断をしないためには、

見分けをしないことです。
つまり、判断自体をしないということです。

「これはエゴの罠だろうか?

あるいは別の領域からの導きだろうか?」 

こう考えているとき、あなたは
「迷っていて、

間違った判断を下すかもしれない自分」
という状態の波動です。
そして、そういう現実を
引き寄せつつあるわけです。

だから、判断を止めて

「全ては完璧に起こっている」

と考え続ければ、

判断ミスは起こり得ません。 
 

それは、現実(と見えている状況)
への評価を拒否し、
ただ一つの真実だけに
断定することを選ぶ、
ということです。

そう考えていると、

自分自身への評価も
取り下げていくことになります。
そうすると、行為や思考・感情が
全て適切に行われるようになっていきます。
それが正しいかどうか、
評価して判断する必要のない状態に
導かれていく、ということです。
884: 本当にあった怖い名無し 2008/03/31(月) 20:29:06 ID:wR2PV6eL0
108さん
今日もお世話になりましたw
近頃忙しさにかまけて「気持ちよい」ことを

味わうのをおろそかにしがちでした。
で、体調まで崩してしまい、
今日は徹底的に味わうぞ!と帰宅したら
またまた良いお話を聞かせて頂けました。

唯一無二の自分を大切にしよう。
なんか大事なことなのに、
うっかりしがちです。

どうもありがとうでした。

920: 108 ◆90KoxUVipw 2008/04/01(火) 00:54:01 ID:YW0RCE7W0
>>909
そうですか、良かったです。

> やっぱり「良い」気分でいることは

大事なんだなと改めて思いました。

本当にその通りです。

それこそが、幸せな現実を

創造するエンジン部分なんですよ。
この「気分(感情)」を、
現実に対する単なるリアクション装置としてしか
機能させていないのは、
まことに勿体ない限りです。 
皆さんも、どうぞ
有効に活用してあげてください。

コメント