実は、心配しているようなことは、 本来起こらないんですよ

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】 その10

107: 本当にあった怖い名無し 2008/02/16(土) 10:08:19 ID:QjXP4ZtDO
108さん
クレンジングから始めて

私もちょっとずつ好転してます。
ただ、ちょっと現状に満足…

というか、もう充分幸せなんじゃないかと思って
願望自体がどうでもよくなっちゃった
感じがあります(苦笑)
リアトラで言う宙ぶらりんの状態にも近いような…
それでも流れは確実に
良くなっていると思ってるんですけど。

しかし、恋愛のエゴやら過剰ポをなくす(手放す)

のはなかなか難しいですね。
本当に参考になりました。ありがとう
928: 108 ◆90KoxUVipw 2008/02/20(水) 03:55:09 ID:vaamrCXC0
>>103
あなたにとっても、

完璧なタイミングだったということですね。
良かったです。

>>107
> ちょっと現状に満足…というか、

もう充分幸せなんじゃないかと思って
> 願望自体がどうでもよくなっちゃった
感じがあります(苦笑)

だぜさんも以前そんなこと言ってましたがw
別に悪くないじゃないですか。

むしろ非常に良い状態だと思いますよ。

宙ぶらりんのように感じて、

それが「楽しくない」なら、
自分がイキイキして楽しく感じることに、
焦点を合わせていってみてください。
現状の満足感に、
ワクワクを付加していく感覚です。
929: 108 ◆90KoxUVipw 2008/02/20(水) 03:56:10 ID:vaamrCXC0
>>115
読みました。以前、親御さんからの

一千万円の申し出を断ったことが、
あなたの中で罪悪感のようになっていませんか?

「親の好意を受け取らず、悪い事した」

という罪悪感と、
「素直にメッセージに従わず、
チャンスを逸した」という罪悪感です。

現状では、
「一番近い船からしか救援が来ない」

事を不満に思うことで、
かえってそれを引き寄せているように思います。

「両親からだけは、

絶対に資金援助を受けたくない!」

と思うと、かえってそれを

引き寄せてしまうプロセスに入ります。
930: 108 ◆90KoxUVipw 2008/02/20(水) 03:58:51 ID:vaamrCXC0
まずは、上記の罪悪感や不満・執着心を

取り除いていくと良いと思います。

その上で、

「両親からの資金援助だって、

いっこうに構わない」

という風に、それに対する抵抗感を

無くしてみてください。
この抵抗感に対して、
必要ならクレンジングを行ってください。

実現のルートを「一定方向以外」

に制限しようとすると、
かえってその最も避けたいルートで
実現する可能性が高まります。
むしろ「このルートは避けたい」
と思わないことが、
そのルートを避ける可能性を
最も高める方法だと思います。

もう一つの方法は、

親御さんの申し出を
(感謝とともに)断固として
拒否し続けることですが、
あなたの場合、
こちらの方はあまりお勧めしません。 
「最も近い船」への抵抗感を
無くしていった方が良いと思います。
931: 108 ◆90KoxUVipw 2008/02/20(水) 03:59:50 ID:vaamrCXC0
>>131
こちらこそ、ありがとうございます。「エゴ」とは自我のことです。
エゴイスティック

(利己的・利己主義的・自分本位)
の意味もありますが、
実際にはもっと大きな意味が含まれています。

私自身は「エゴ」を次のように定義しています。

****************************

「我々は個別の存在であり、

安全から切り離されている」 

という観念に基づいた自我意識と、
そこから生ずるあらゆる思考と感情。

また、それによって生じた
全ての現象と結果であり、 
「恐怖心」の源泉であるもの。

****************************

通常、エゴは我々が現実的に

考えたり判断したりすることの、
ほぼ全ての根拠となってしまっています。
それは無意識レベルにまで
深く根を下ろしてしまっているので、
容易には変更できません。

逆に言うと、この部分さえ変更できれば、

後にはもう難関はありません。
いわば願望実現に対する最強のラスボスですw
でも、挑むだけの価値は
充分にあると思いますよ。
問題はそのやり方だけです。
932: 108 ◆90KoxUVipw 2008/02/20(水) 04:00:39 ID:vaamrCXC0
>>218
ありがとうございます。

願望が叶うときというのは、ほとんど
「自分では説明できない不思議なこと」

が起きていると思います。
エゴの守備範囲外のことなので、
説明不可能なのです。
そしてこのゾーンにしか、
本当の意味で可能にする力はありません。

願望実現というのは、

それがなんであれ、とどのつまり
「幸せを手にする」ということだと思います。
それなら、この部分にいかに早く気づき、
速やかに対処するか、
というこになると思います。

「不毛な虚しいダンスを、

ヘトヘトになって、
エゴと死ぬまで踊り続ける」

このようなことは一刻も早く止め、
従来の認識を変えて、

「それ以外」の領域の力を利用することが
真に合理的であり、得策です。
それこそが本当の意味での
「現実的対処法」だと、
私は思っています。
933: 108 ◆90KoxUVipw 2008/02/20(水) 04:01:35 ID:vaamrCXC0
>>685
それです! 実は、心配しているようなことは、

本来起こらないんですよ
しかしそう思い続ける限り、
それは起こり続けます。
そしてそのプロセスを中断した途端、
そうでなかったことに気づきます。
「実はそれ自体が原因だった」ということにです。
これは、次回書くことのテーマになっています。

思考や感情は、簡単に区別がつきます。

「恐怖心、理不尽さ、不公平感、

強迫観念、虚しさ、批判、疑い…」これらのものは全てエゴから来ています。

あたかもそれらに正当性があるように

感じてしまうため、
その幻想によって、
現実は歪められて認識されてしまうのです。 

少しだけ次回の予告をしておきます。

「それらは、本当にありますか?」
自分自身に問いかけてみてください。

「それらは、本当に自分自身に

起きていることなのだろうか?」と。

敢えて抽象的にしました。
やってみてください。

以上、連投失礼しますた。。。

946: 107 2008/02/20(水) 10:32:49 ID:9yxnWJ920
>>928
108さんレスありがとう。宙ぶらりんの状態でも

確かにつまらないわけじゃないですね。
どうしても何かが欲しい・・・
みたいなことはあまりないけど
こうなればいいな・・・
(そうならなくてもそれはそれでいいや) 
そんな風でもワクワク思うのは
やはり楽しいです。

三月から新しい職場で働くことになりました。
自分史上最大企業で、

意外と好きな分野の仕事に
就くことになりました。
面白かったのは
その職場の配置などの雰囲気が
全く妄想していた通りだったこと。
私は自分の目線で想像するのが不得意なので
そこで働く自分は想像しずらいから
机とかパーテーションとか
そこにいる人とかそういうことを妄想しててw
いずれにせよまたひとつ自分の世界が
変わることが楽しみです。

自分の目線で想像できるようになると

もっとワクワクできるのかなと
その方法を模索中です。

947: 本当にあった怖い名無し 2008/02/20(水) 11:17:52 ID:uBAkPKVa0
おめ!
すごいね!

コメント