「親が悪い」「非は向こうにある」と思っている限り、 現実はそれを裏付けるような形で展開していきます

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その30

249: 本当にあった怖い名無し 2008/08/09(土) 06:51:05 ID:9zc6LD8n0
108さん、をはじめ

皆さんに質問があります。
恋人を引き寄せようとしているのですが
「自分には恋人がいない」という思考が
恋人を引き寄せるのを
邪魔しているのに気づきました。 
どういう風にしたら
処理できるのでしょうか?
処理しなくてもいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
939: 108 ◆90KoxUVipw 2008/08/14(木) 04:07:03 ID:7TevUOLs0
>>249
邪魔している思考が

確認できているなら、話は早いです。
そこと向き合ってみると良いと思います。

自分がその思考に与えている正当性を、

解体してみてください。
そのほとんどが思いこみである
ということに気づけば、
あなたは自分に恋人が出来ることを
許せるようになっていきます。

また、恋人が出来た時点の自分に

聞いてみるという手もあります。
いずれも深刻に考えないで、
楽しんでやってみてください。
恋人が出来たら、
きっと楽しいですよね?
その心持ちでやってみてください。
251: 本当にあった怖い名無し 2008/08/09(土) 08:55:52 ID:MHLLkm6w0
今まで何十年も生きてきて、
辛いことばかりでした。
その時その時誤魔化し紛らわし逃げて、
何とか今までやってきました。
これも引き寄せでしょうかね?

確かに
「何で私はこんなに悲惨なんだろう?」
「何で私はこんなに不幸なんだろう?」
「この世は酷いところだ」
「私は被害者だ」
「もうだめだ可能性はゼロだ」
と思ってばかりいました。
また、
私を攻撃する人に復讐する物語をつくり、

普段自然に自動的に
それが頭の中で再生されたりします。
過去の辛いことや失敗も再生します。

こういう思考活動は
辛いことである現実

→ 自動的反射的に起こる
「必要・心理的にためになる・当然」
の反応だと思っていましたが、
一切やめてみたほうがいいのでしょうか?

>>251
あなたはその思考習慣が

病みつきになってしまっています。
ドラッグみたいなものです。
つまり、心の底では
それを楽しんでいるという訳です。

だから、それが楽しい

という思いこみを捨てていくことです。
習性となってしまっている、
安心できるその営みを、
反応がある度に
キャンセルしていってみてください。

「今まで、この反応を

苦しみながら楽しんでいたけど、
こんな取り組みは無駄だ。
解除しよう」

こんな風にです。
一度に止めるのは難しいはずです。
反応がある度に、

確認して取り消していくことです。
417: 本当にあった怖い名無し 2008/08/11(月) 16:21:33 ID:3syujMiX0
こんにちは。最近、ザ・チケットを購入し、

コピーなどして持ち歩いたり、
7章までの記憶を思い出そうと
実践している者です。 
潜在意識を知ったのは、
3年くらい前で、
鬱ニートから天職を求めて、
職を引きよせ、今自分の人生の課題と
向き合いながら働いている所です。
あの時頂いた言葉に
今も支えられています。

質問があります。
私は、どうやら本当に

達成しなければいけないということに
反発してしまうクセがあるようなんです。
ブレンダ という方が書かれた、
引き寄せの法則・実現ノートという
日記形式ものをやりだして
3日目ですが、仕事以外のことも 
今gtgtになっており、
ハッとした次第です。

約束の時間に10分遅れる

(絶対に5~10分orz)
売上も達成率90パーセント
お客さんや職場の方と怖くて
あと1歩踏み出せず仲良くなれない。
自分らしくふるまったり、
歌を歌うことが怖い

等、共通して言えることは、

あともうちょっとがんばれば
もっと幸せになれるはずなのに、
なぜか絶対に反抗してしまう
ということです。

思うところは家庭環境かと思います。
こういった人との関わりや

目標を達成することに対する、
不可解な怖れやエゴ
を十分に感じているのに、
乗り越えられず、
苦しい思いをしてまた元に
戻ってしまいます。 
なにか改善できそうなアドバイスを
いただけないでしょうか。

942: 108 ◆90KoxUVipw 2008/08/14(木) 04:12:06 ID:7TevUOLs0
>>417> あともうちょっとがんばれば

もっと幸せになれるはずなのに、この前提を取り除いてみると

良いと思います。

「満足のいく幸せは、

さらに頑張って
得なければいけないものだ」という前提をです。

その前提を踏まえている限り、

現実はそのとおりの属性を
帯びてくるからです。

だから、あなたにとって

現状がどのようなものに
見えているとしても、「現状で、私は完全に幸せだ」

というように、

前提を変えてみてください。 

あなたが条件付けているその現状は、

今この瞬間には存在していません。
あなたが過去について思考して、
その結果、関連して出てきた
「虚偽の認定」にすぎないのです。

今この瞬間に、

その認定を変更してください。
現状と見えるものに、
思考で取り組まないようにして。
922: 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 00:56:16 ID:kkKeQtzE0
108さん、

引き寄せの法則体得者の皆さん、
「保有していた株の企業が倒産し、
ほぼ全資産を失うことになった」
という事態に対して
引き寄せの法則的には、
どう受け止めるのがベストか
アドバイスをご教授くださいませ。
946: 108 ◆90KoxUVipw 2008/08/14(木) 04:19:51 ID:7TevUOLs0
>>922
「引き寄せの法則的にどう捉えるか」

なんて難しく考えないで、
メソッドの「(ただ)認める」
を試してみてください。 
そこから、どんな考えや感情が
湧いてくるか。
湧いてきたら、
それと向き合ってみてください。

また、

「倒産してくれて、ありがとう!」

と言ってみるのも面白いです。
それにしたがって、あなたの現実が

どのように展開していくのか、
ただ楽しみに観察してみてください。

>>915>>929

「どうして感情を

感じられないのだろう?」
または
「どうして感情を
感じられるようになったのだろう?」

と、問いかけてみてください。
ただ問いかけるだけです。

あとは放っておいてください。

あと、なにか楽しい感情を

感じられることをしてみる。
ゲームでも、温泉でも、
コンサートに行くでも、
何でも構いません。 
日常の楽しい部分から、
感情をすこし活性化してみてください。
それまでは、いったんクレンジングや
手放すから離れてみるのも良いです。
932: 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 03:12:50 ID:WqRtym220
108さんってもう来ないって言ってたっけ?

まあそれならそれでええんだけど。

108さんの語録を読んでて思い出したんだけど、

子供の頃とても嫌なことがあったとき、
腹が立ってどうしようもなかった時、
こまっって困って
ニッチモサッチモいかず
身動き取れないくらい
行き詰まってた時よく
『ま、いっか~♪』
と思うことにしてた。 
全然心ではそう思えなくても、
とりあえず『ま、いっか~♪』
と心の中で一度つぶやくって感じかな。

そうすると不思議と

ふと気分が軽くなって、
想定してたような困った事態にはならず、
何か分からないが上手く行ってた。
このワザよく使ってたな~と思ってさ。

934: 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 03:29:44 ID:pCOxfUVnO
108さん、他の方々根強い、根深い貧困の観念がある

と感じてるんですが、
そのような観念や信念を変えるには
どうしたら良いと思われますか?

たとえば、理屈ではいけない

と分かっていながらも、
『またお金がかかる』とか、
『ああ、畜生~お金が足りない!』
『これは高くて買えないや!』などと、
うっかり考えてしまうこととかですね。

長いこと、ここから抜け出せていません。
何か良いアイディアがあればお願いします!

947: 108 ◆90KoxUVipw 2008/08/14(木) 04:23:09 ID:7TevUOLs0

>>932
そのワザは、

大人になっても使えますよ。

いいお話です。

>>934
「うっかり考えてしまう」

などと考えないことです。
>>932さんのように、「またお金がかかる…

けど、ま、いっか!」

こんな風に付け足してみてください。
その観念に抵抗しないのがコツです。

解放してください。

では皆さん、良いお盆休みを…。
940: 108 ◆90KoxUVipw 2008/08/14(木) 04:09:49 ID:7TevUOLs0
>>295
う~ん、少し考えすぎなのかな

と思います。
内面で納得できない部分に
正当性を与えるために、
無理に思考でもって
取り組む必要はないんですよ。

改心という言葉が引っかかるのなら、

改心はしなくて良いです。 これは
「問題があなたの内部に存在する」
ということを示すために使っただけです。 
というのも、あなたは
「問題は親の方にある」
と錯覚してしまっていたからです。

善悪の問題ではなく、

現実が不都合に展開しているように
見えているのは、
その人が内部に、
それに対応する部分を
保持しているからです。

だから、「責任は外部にある」

などと思わず、
そこを認識した上で、
自分自身を癒していけば良いんです。

あなたが「親が悪い」

「非は向こうにある」と思っている限り、
現実はそれを裏付けるような形で
展開していきます。
↓まさに、こんな風にです。> 自分の体調が悪くて

一日見舞いに行かなかっただけで、
> 家族を罵倒する電話がかかってきて、
もう憎しみ、
> 腹立つ気持ちでいっぱいに
なってしまいましたw

まずは自分の問題として

捉えることです。
考えず、そこをただ
癒していってください。

コメント