本当に私は私から愛されたかったんだな って気づきました

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/study/9650/1541013669/l50

202 : 幸せな名無しさん :2018/12/25(火) 21:47:26 C6A9lD8g0

今まで自分で自分を愛するって、
一人一役でやってた。
愛するとか大好きっていう言葉が
最初は響かなかったけど、
だんだん嬉しいなっていう
気持ちくらいにはなってきた。
いろいろなまとめ読み漁って、
異性性からの自愛って話に行き着いて
それは過去読んだことあるけど

「異性としての自分て複雑すぎて
イメージするの難しい」
と敬遠してました。
でもちょっとやってみたら、
全然感覚が違う・・・!
今までは一人一役で、
つまり同性としての私の愛だったから
どちらかというと母親からの愛情が
満たされているような感覚。
ああ、ありがとう・・・みたいな。

でも異性からの自分からの自愛は、
本当に喜びで、
私これが欲しかったんだよ!
という気持ちに。
自分と愛し合うってよくわかんない!
って思ってたけど、
本当に大好きな異性と
愛し合う感覚とイコールだった。

どこかにいるであろう理想の異性とか、
現実での恋愛の対象でイメージしても
しっくりこなかったし
それらの人から欲しいものじゃなかった。
外の人から得られるものとは
レベルが違う・・・・
文字通り本当に私は私から
愛されたかったんだな
って気づきました。

本当に欲しかったのはこれだ。
長年、異性としての自分が不在だったので
ゆっくり関係を築きたいと思います。
異性としての自分が現れた時の同性の声は
「なんでずっと来てくれなかったの?」
でした。
当方恋愛でつまづく事が多く、
父親との関係に問題を抱えています。
同じケースの女性に有効かもしれません。

209 : 幸せな名無しさん :2018/12/27(木) 06:04:34 YdPr/2QE0

自愛ってさ、自分を客観視して
その視点から自分を包み込むよう
まるごと愛する事だよね。
最初、すごく抵抗あった。
ナルシーみたいで。
でも、自分の周りの世界からすると、
上手くいってる方が幸せな気がするから、
それでいいんだと。
自分をプロデュース。するんだね。

自分の事のように
心を寄せ優しくしてあげたのに
辛い思いをする事が続いたので、
この冬は、自分をほっこり優しく
愛してあげようと思います。
優しい世界を創り出したい。

朝ココアが幸せです。
みんないい年になあれ♪

210 : 幸せな名無しさん :2018/12/27(木) 06:13:44 PVdnDwHg0
>>209
癒された

214 : 幸せな名無しさん :2018/12/27(木) 19:35:31 oYq.vRzE0
>>202
まだいらっしゃいますか?
実は私も似たような境遇です。
父との関係も良くないです。
どんな感じで異性性の自愛を
されていたか教えていただけたら
嬉しいです。
画家さんのまとめを見ても
良くわかりませんでした…。

220 : 幸せな名無しさん :2018/12/27(木) 23:22:55 6yQp0zAg0
>>214
以前は女性の私→
女性の私へ声をかけていたんです。
多くの方がそうだと思いますが・・・。

それを男版の自分に登場してもらって、
男性の私から声をかけました。
登場してもらってと書くと大げさですが、
男性のフリして声を脳内再生
くらいものんです。
顔もイメージしません。
自分よりちょっと背がたかくて、
存在としてそこにいるなぁくらいのもの。

ごっこでいいんです。
自分が男だったら・・・・
と思って喋るような。
その異性側から「愛してるよ」
といわれたときの感覚と
それまで自分で自分に「愛してるよ」
といわれたときの感覚が違いました。

223 : 幸せな名無しさん :2018/12/27(木) 23:39:30 g4RT1UUM0

>>211
かなり現実的にも内面的にも良くなったよ
自分と向き合う、対話するのは
とっても良いよ。
何かモヤモヤする時とか、
ネガが来るときなんかに今でもやってる。
気持ちが楽になるのならきっと
貴方にあってるんだと思う。
ずっとやっていくのをとっても
おすすめする。
とっても効果があったから。

昔は自分が大嫌いだったから
他の人もそうだろうな、
ってことでいつも
本当の自分を押さえ込んで
人の顔色を伺ってばかりで
終いには本当の自分って何だっけ?
気を使わないって
どうやれば良かったんだっけ?
ってなって
収集が付かなくなってしまった。
その時の願いというかきっかけは、

自分が大嫌いで何なら死んだほうが良い
っていうのをやめて
自分を好きになりたかった。
だから、願いは叶ったよ。
自分を好きになれたから。

現実面だと、
人間不信気味だったんだけど
今は本当の自分というか
気を使わなくて良い友人がいるし、
人間不信がかなりマシになった。
100が20ぐらいになった。

男の人のトラウマもあって
苦手だったけど、
それもほぼ克服できた。
出会う人は良い人ばかりだし。
具体的に言うと
落し物は拾ってもらえるし
出会う人に親切にしてもらえるし、
おまけとかもしてもらえる時あるし。
運もまあまあ良い。
他にも何かあっただろうけど忘れちゃった。

あの頃は本当に人生灰色で
なんにも楽しくないし
未来に希望も抱けないし
死ぬことしか望みがないぐらい真っ暗。
朝が来ないことを祈って眠りに着く毎日。
そんなんだから、
感情も絶望一色で麻痺してたと思う。
黒一色。
黒って他の色全部塗り替えちゃうじゃん?
他の色は光れない。
当時の自分もそんな感じだった。
他の感情が塗りつぶされて
本来の望みみたいな物も
感じられなくなってた。

その中でも本当の自分なのか
何なのか分からないけど、
唐突にもうこんなの嫌だ!

変わりたい!
って思って自分を好きになる!
って決意してとことんネガやら何やらと
向き合ってここまで来れたよ。
階段を上るみたいに変化は
緩やか徐々にだけど
比べると劇的に変わったよ。

229 : 幸せな名無しさん :2018/12/28(金) 19:16:11 MLkW9mKU0

>>226
もうあなたは自愛を
たくさん実践してきて
わかっていると思うけど、
一応言うね。

>失敗してもいい、
なにがあっても大丈夫、
自分には自分がいるから。
そこまで心強く思えるようになりました。
素晴らしいです。

>願い事を叶えてあげたい、
成功体験や実現を味わわせてあげたい、
という
親心なのか異性性なのか、
与えたい幸せにしたい
という気持ちがあり…①

これ自体もいいんです。だけど、

>ちょっと、叶っていない現実を見て
焦りや落胆が出てきたのかもしれません。
…②

こういう思いが出てくるってことは、
①と現状が結びついていて、
現状を否定したい気持ちがありますよね。
そこを分ければいい。だから、
現状を否定したい気持ちに蓋をせず
受け取る、
つまりは現状を否定したい気持ちや
現状に対するネガティブ反応(②)
を自愛すればいいんです。

①と②は互いに独立。
現状を否定した先に幸せ(①)
があるわけではないんです。

230 : 幸せな名無しさん :2018/12/28(金) 22:39:35 UuRvioMw0

>>229さんに応戦
>>226さんと似たような状況?かもです。
異性側から自愛実践中ですが、
まさに異性が①のようなことを言ってくれる。
それでも出てくるネガ、
②は傷ついた同性側の気持ち。
私の場合はです。

ネガに気がついたら、すかさず異性側から
優しく受け止める。ネガで終わらせない。
焦ってしまうんだね、わかるよ。
でも守るから、一緒にいるよ、と。
その時のあったかい気持ちに浸る。
その応酬が止まらない時
「自分を大切に(してあげたい、しよう)」
と心で唱えると、割とピタリと安心します。

大切にしてあげようと思うと、
言葉にならない無意識の一瞬の
自責感情がシャットアウトされる。

いちいち「~してしまった自分を許す」
とやってると、追いつかないのですよね。
気づいたら「大切にしてあげよう」
で、オールインワンな感じです。

251 : 幸せな名無しさん :2018/12/30(日) 22:58:11 OAXzNuxs0

自愛とチケット7章がいまいち
一致しないなぁ
自愛すら必要ないってなっちゃう
この辺どうだろう?

259 : 幸せな名無しさん :2018/12/31(月) 15:05:35 rg1iN58Q0

>>238,>>251
自愛は7章そのものでもあるし、
エゴ視点にいる人間にとっては
クレンジングみたいなもんでもある。
自愛という言葉が2つの意味で
使われている。

でもエゴは錯覚だから本質は
別の領域1つだけ、両方同じことでもある。
それをpart1,part2と分けて書いてみた。
チケットに即して書いてあるので、
持ってる人は読んでみてね。

[自愛part1](願望=実現の認識)
「私は何を考えていようが、
感じていようが、
幸せを受け取って構わない」
これは7章関連付けの放棄で
書かれていることそのもの、

「別の領域において、
単にその領域の見解を述べる」(p227)だ。
(そして認識が変更してあったら、
わざわざこのように確認するまでもなく
当たり前になっていることだ。
これが自愛がデフォルトの状態。)

[自愛part2]

(エゴ・分離の認識を持っている私でも構わない・完璧)
しかし、「私は何を考えていようが、
感じていようが、
幸せを受け取って構わない」
と言った時抵抗感を感じる人は、
エゴの認識を採用している。
その抵抗感をどうにも
無視できないときはどうすればいいのか。

それは、「抵抗感を受け入れる」ことだ。
「エゴの見解に取り組まない」ことだ。
「エゴの見解を愛で包む」ことだ。
「認めて手放す」ことだ。

別の言葉を使っているがすべて同じことだ。
1章にも2章にも類似の方法がたくさん書いてある。
108さんの質疑応答で出てきた
「ハートで感じるクレンジングメソッド」
も全く同じだ。

愛を持って受け入れてしまえばいい。
「そうするとそれが実現するじゃないか」
という恐れは勘違いだ。
なぜならエゴの恐れは幻想だからだ。
エゴの領域には実現する力は本来ないからだ
(p74, pp105-109)。
実現するように見えてしまうのは、
「エゴの恐れは実現してしまう」
という認識を保持しているからだ。

その認識をかなえてしまっているというだけだ。
『「そうするとそれが実現するじゃないか」
という恐れ』を受け入れていないからだ。

あなたがエゴの見解を認めてしまうとき、
「あなたは、エゴの働きを認めて、
一方で手放せて」いるのだ(p109)。

[自愛part2-2]
「じゃあ、抵抗感があるときは、
いちいちそれを特定して
手放さないといけないのか」
という疑問が出てくる。

すべてを特定する必要はない。
大きな抵抗感を手放すことができれば
小さな抵抗感も連鎖的に手放すことができる。

それ以外にも、
「丸ごと自分を愛で包み込む」のもよい。
丸ごと自分をそれでいいと認める。
こうするといちいち細かい抵抗に
焦点をあてずに済む。

isaのいう「まるっと」「ざっくり」
愛するということだ。

262 : 幸せな名無しさん :2018/12/31(月) 23:04:41 eG2SB58Y0

自愛では「自分=世界」
(自分=世界なので、

自分に優しくしたら
世界も自分に優しくなる)
という考え方が基本中の基本だと思うのですが、
これって本当なのでしょうか。。
実感できている方いらっしゃいますか?

自分=世界なら、
まとめを何度も読み返して、
自愛を何年も実践しているのに
状況が悪化するばかりなのは
どうしてなのか不思議でならないのです…。

いい加減、この考え自体が
まやかしなのではないかと
疑心暗鬼になってしまってます…。

265 : 幸せな名無しさん :2019/01/01(火) 01:51:32 tfqJmPCU0

>>262
本当だよ。びっくりするぐらい本当。
自分が死ぬほど嫌いだし
生きる意味ないし惨め
って時は何にも良い事なかったし
何なら自分でもさっぱり分からないけど
嫌われるし何にも上手く行かなかった。

ネガが完全に消えたわけじゃないけど、
即座にそう思ってても実は完璧だしな~
って切り返せるようになったんだけど
今では昔と真逆だよ。
自分はフリーターで
色んな職場に行ったことあるけど、
人間関係で悩んだことがない。
昔ちょっとやった居酒屋のバイトでだって
へんなお客さんと言うか
いちゃもん付けて来る人がいなかったぐらいだし。

貴方がどうして悪化とも言える
現象に出会うのかについては
想像するしか出来ないんだけども、
今までの観念というか
そう言う物が出てきているのかも。

自分は、現象ではなく人が多かったんだけど
今まで自分の内面が変わるにつれて、
昔の自分の要素を持った嫌に感じる人に
出会うことが多々あって
ああ、昔の自分はあんな風だったんだなあ、
なるほどって受け入れられたことがあったから
何か観念が浮き彫りになってる可能性があると思う。

コメント