あなたはエゴ以上の存在です。エゴの見解を採用せず、 別の領域からの見解を採用することが大切

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その27

19: 前々スレ269 2008/06/25(水) 15:22:48 ID:nCjbJQSN0
108さんお答えありがとうございます
>> 前スレ269(

すいません。前回見落としていました)
> よく今まで信じていたことと
現実のギャップに苦しむというのがありますが
> これってなんでですか?

の答えなんですが、

望んでいる現実と実際の現実が違うというか
今まで信じていたことが
ガラリと変わってしまう体験
ってどういうことなのかと思ったんです
まさかこの人が○○だったなんて
この会社入ったら絶対に幸せになる
と思っていたのに違った

ということなんです
それまでは全く疑っていなかったのですが、

やはり心の奥底ではこういう驚愕の事態が
起こるような観念があったということですか?
全く疑っていなかったら
そんな現実普通は知覚しないですよね?
933: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:23:57 ID:ZI6QepjV0
ご無沙汰でした~。

>>19

> 望んでいる現実と実際の現実が違うというか
> 今まで信じていたことが

ガラリと変わってしまう体験って
> どういうことなのかと思ったんです

> まさかこの人が○○だったなんて
> この会社入ったら絶対に幸せになる

と思っていたのに違った

> それまでは全く疑っていなかったのですが、
> やはり心の奥底ではこういう

驚愕の事態が起こるような
観念があったということですか?

敢えて多めに引用させてもらいました。
現実によって、ある種の期待が

裏切られるということは、
その期待は、あなたの思いこみに
過ぎなかったということです。
その事態を起こしたのは、
ご指摘通りあなたの中の観念です。
たとえ、表面上は全く疑いを
抱いていなかったとしてもです。

> 全く疑っていなかったら

そんな現実普通は知覚しないですよね?

意識の上でどうであるかということと、

現象化にはあまり関係がありません。
あなたがその現実を知覚したということは、
それに対応する部分を、
あなたが内面で保持していたということです。
その部分は通常意識上に現れてこないため、
現象化が起きてビックリ!
ということが良くあるわけです。
934: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:25:24 ID:ZI6QepjV0
この現象化は、期待を裏切られた

失意の出来事ではありません。
(たとえそう見えていたとしても)

その人や会社に問題があるのでもありません。
逆に、図らずも自らの内面に保持していた、
(通常は認識できない)
観念を知覚できたという、
喜ぶべき瞬間なのです。

レン博士が来日中ということで

肖った訳ではありませんが、
ホ・オポノポノのアプローチが
参考になると思います。
つまり、それらの出来事を
「機会」として捉えるわけです。

あなたはその出来事によって、
癒すべき自分のパートを

知覚できたわけですから、
そのお陰で、今度はそれを
癒していくことが可能になるわけです。

出来事はサインです。
それは、

「あなたの中に、癒やすべき部分がありますよ」

という、願ってもないお知らせなのです。
それを、あなたの気に入った方法で

癒してください。
ホ・オポノポノ、EFT、
ザ・チケットのクレンジングメソッド、
何でも構いません。
気に入った方法を試してみてください。
935: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:27:05 ID:ZI6QepjV0
>>100

別の領域というのは、

特別なものではありません。
それは単に、
エゴから離れた状態ということです。

暖かいというのは、良い感覚ですね。
でも、そのとき心身に

どのような反応があるかというのは、
人それぞれです。
際だった反応が現れる場合もあれば、
特に変化がない場合もあります。
深い瞑想に入りやすい人や、
感受性が豊かな人は、
肉体的な反応が顕著に
現れることもあると思います。
これらは別の領域の属性というよりは、
その人のものの感じ方や、
それを感じるための「実行方法」
において生じる現象です。

ただ、いずれにしても

安楽な状態であることは共通しています。

肉体的反応があまりに顕著なときは、

無理をしていないか確かめてください。
それが不快な状態であるようなら、
楽に出来ないか工夫してみてください。
あと、あまり「この状態を維持しよう!」
と思わないことをお勧めします。
お風呂に気持ちいい状態で浸かっているときに、

「この状態を頑張って維持しよう!」

とか思わないですよねw
そんな感覚でやってみてください。

特に瞑想等をしなくても、

そちらに意識を向けるだけでも
効果は充分にあります。
瞑想等で深く浸りたい場合は、
自然に行えるように工夫してみてください。
努力や無理は一切不要です。
936: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:28:23 ID:ZI6QepjV0
>>195

私は、
「完全にエゴを撲滅せよ」

とは言っていません。

そんなことは出来ません。 
必要なのは、自分がそれ以上の存在
であることへの認識と、
エゴの見解を採用せず、
別の領域からの見解を採用することです。

あなたというパーソナリティから、

エゴだけを取り去ることは困難ですし、
その必要もありません。
問題なのは、エゴを超絶に拡大して
自分を「そのもの」だと誤認している、
その人の認識の在り方です。

エゴの反応をしなくなったとしても、

あなた自身がなくなることはありません。
本来の状態に戻ることで、
あなたはむしろ「拡大」するのです。
938: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:31:49 ID:alXb/6uA0
>>244

血液型と性格は無関係です。
それに関係なく、

性格を変えることは出来ます。
でも、関連させて見ている人には、
まさにそのように見えると思います。

そういえば私の知人で、

血液型が変わってしまった人がいます。
あなたも性格が変われば、
血液型も変わってしまうかもしれませんよ。

でも「性格を変えること」に、

あまりこだわらない方が良いとは思います。
自分の気に入らない部分に、
ますます注目してしまうことになるからです。
つまりは、不足を強調する考え方だからです。

「自分はこのままで完璧な性格だ」

と思っていれば、

そのような状態が現れざるを
得なくなるはずです。
299: 本当にあった怖い名無し 2008/06/28(土) 23:46:37 ID:K1L0TFtn0
流れをぶった切るかもしれないのですが、

チケットを買いました。
で、108氏の「今を感じる」
というメソッドに似たようなことを
子供の頃、頻繁にやっていました。
とりあえず、ただひたすら
「今」を感じる、というか、
「今ここにある自分」を意識するんです。
そうすると、変な気分になってきて、
そのうち自分が誰で、どうして
ここにいるのかさえもわからなくなるのです。
一種の記憶喪失状態です。
でも、それは決して長くは続かなくて、
せいぜい1分ほどで自分を思い出します。
記憶喪失状態の時は本当に怖くて、
「どうしよう、どうしよう」
という感じなのですが、
思い出せた時はすごくホッとするので、
スリルを感じる為によくやっていました。
これは自分で考えたことだし、
ただの遊びや暇つぶしとしてやっていたので、
108氏のメソッドとは違うかもしれません。
でも、あまりに似ているので気になって。
そして、自分が誰であるかを思い出す時に
真っ先に浮かんでくるのが、大抵
その時に一番悩んでいることだったりします。
例えば、先生に無視されてるとか、
友達とうまくいかない、とか。
自分の名前や住所より、
そういう問題を真っ先に思い出して、
それから自分はどこどこに住んでる
誰々である、という順番で
思い出していました。
かなり前のことなので、
やれと言われてもできません。
そして、子供の時に願望が叶いまくっていた
というわけでもありません。
でも、これって何か意味が
あったのでしょうか。
939: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:33:06 ID:alXb/6uA0
>>299

深いですね。
そして、大変面白いお話だと思いました。
自分に戻るとき、真っ先に思い出すのが
「そのときに抱えている問題」

だという部分も、興味深いですね。

私たちは「自分」

というものを認識するときに、
「何が不足しているのか」
という観点で識別してしまいますね。
それが自分というパーソナリティを
構成しているのだとすれば、
ちょっと恐ろしい話です。

ここに大きな真四角の石があります。
どこにでもあるような、

何の変哲もない石です。
これだと他と区別できないので、
ノミで削って形作っていきます。

「ここが少し足りないことにしよう」
「ここはもっと削って、

うんと足りないことにしよう…」

こうやって随分と削り、

独特な形が出来上がりました。
充分、個性的と言っていいでしょう。
しかしその形は、
本来の完全な形から大幅に削り取った、
不足の総計とでもいうべき形なのでした。

元々、削り取るべきものなど

何もなかったのに。
492: 本当にあった怖い名無し 2008/06/30(月) 23:10:15 ID:b3a9WGLC0
108氏、詳しく解説して

もらいたいことがあります。

前スレ995にて、

>・その友達は大切であり、

失うことは許されない
>・その友達は深刻な生命の危機に
さらされており、極めて切迫した状況である
>これらの条件を
(難しいかもしれませんが)
一度取り外してみてください。
>なぜかというと、あなたの現実では
その認定が友人の状況を決定しているからです。
>というのは、現実と見えるものは、
全てあなたの内面の投影だからです。

とありますが、エゴによる状況判断

あるいは内部的観念を取り外すというのは
いったいどういったメンタリティなのでしょうか?

私はこの質問者ではないのですが、

これはスレ15の905の

>「でもあの人には恋人(or伴侶or子供)がいる」
>「最悪な別れ方をした(から復縁は絶望的だろう)」
>「あの人は、もう私のことを好きではないのでは」
>「絶対に、あの人でないと駄目なんだ!!」
>全て、成就を妨げている

あなたの内部的観念に過ぎません。

にも通じていると思います。

状況判断を取り外すというのは、

前者で言うなれば、
友達は絶対的に健康である、
後者で言えば、
私は好きな人と結ばれている、
と断定するということなのでしょうか?

加えて、

重要度を思いっきり極限まで下げる、
とのことなのですが、
これは別の領域に手放す
ということなのでしょうか?

教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

940: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:34:18 ID:alXb/6uA0
>>492

状況判断を取り外すとは「判断しない」

ということです。
判断しているということは、
内部の観念の影響を受けてしまっています。
つまり、無意識に内部の
データベースを照会しているのです。

引用されたレスで言えば

「誰かが健康だ、病気だ、軽症だ、重篤だ」

これらは全て状況判断です。

いわば照会結果による現実への認定です。
それらが、

「この状況は悲観的だ」
「あの人と付き合うことは困難である」

こういった結論を導き出します。
つまり、ほぼ自動的に、ある一定方向に向けて
現象化へのプロセスを

開始してしまっていると言うことです。

だから、予め状況判断を取り下げて、
こういった自動プロセスを

キャンセルしてやるわけです。

重要度を極限まで下げるのは、

執着を取り去るためです。
仰るとおり、
別の領域に手放すためにです。
941: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:37:59 ID:alXb/6uA0
>>526

恐怖心から来る願望は、

エゴから来る願望と同一です。

> 願いは全て○○は困るから●●を叶えたい

という恐怖からくるものだと
思うのだけど違うのだろうか

必ずしもそうではないと思います。
例えば、

「プロのサッカー選手になりたい!」

と熱望している子供がいるとします。
このとき彼は

「野球選手は困るから、サッカー選手になりたい」
とは思っていないはずです。
純粋にサッカー選手に憧れているのであって、
そこに 「○○は困るから」
というファクターはありません。
例えば、

「貧乏は絶対に困るから、

お金持ちになりたい!」

これは危険です。

貧乏への恐怖が発端であり、
そこにひどく集中した思考だからです。

どんな願いであっても、

不足や恐怖を発端としたものは良くありません。
もしそうだとしても、
別の形に置き換えてみてください。
つまりお馴染みの「ワクワクする目標」
に書き換えてやるのです。

恐怖心でモチベーションが

保てる場合もありますが、
成功したとしても、
結果的にいずれは
その恐怖心が表面化してきます。
少なくとも、私の場合はそうでした。

発端が恐怖心だとしても、

どんどん前向きなものに
置き換えていってください。
535: 本当にあった怖い名無し 2008/07/01(火) 22:16:23 ID:VD0JRbkM0
108さん、皆さんに質問です。

私は大好きな人と結婚したのですが、

常に不安がつきまとい、
夫を失う恐怖に怯えていました。

そして、今現在、

離婚届けを突きつけられ、
別居しています。

物心ついた時から自分に自信がなく、
(姉妹が美人なので、

特に自分の容姿が嫌いで
女としての自信がもてません)
彼みたいな素敵な人が
なんで私でいいんだろう
と心の底でずっと思っていました。
なので、男性に甘えたり、
上手に喜んだりすることが出来ません。
(かわいい人が甘えたら
男性は喜ぶだろうけど、
私が甘えてもうざいだろうなと
思うと怖くて出来ない)
嫌われないようにばかりに
焦点があたってしまいます。

ザ・チケットを読み、

本気で自分の認識を変えよう!
望む世界に移動しよう!と
まずは自分の内面を癒すために
ホ・オポノポノを唱えています。

ただ、夫からは早く別れてすっきりしよう

と言われると、どうしたらいいのか・・・。

これは、新たに

夫婦の深い絆を作るチャンス
(元に戻るだけでは、
同じことの繰り返しだと思うので)、
なんとかなると思う反面、
とてつもなく寂しさに襲われたりします。

今の抱えている状況をどうやって、

望む現実(温かい夫婦関係)
に移動していけばいいのでしょうか?
942: 108 ◆90KoxUVipw 2008/07/09(水) 03:40:01 ID:alXb/6uA0
>>535

> 嫌われないようにばかりに

焦点があたってしまいます。

ひょっとして、

今現在もそうなのではないですか?
だとしたら、今すぐそこから
焦点を外してください。
あなたがそこに集中し続ける限り、
その現象は再現され続けます。 

執着を一切取り払ってください。
この問題に、エゴによる

適当な意義を与えないでください。
おそらく、あなたはまだ別離
という恐怖の観点を持ち続けています。

「別離なら、別離で仕方ない。

お互いがもっと幸せになる」

こう思いながら、

メソッドを行ってください。
ホ・オポノポノは大変有効です。
ただし、それはあくまで
あなたの内面を癒す機会です。
結果に執着せず、あなたの内面を
癒すことに専念してください。

そうすれば、たとえどうなっても、

あなたとご主人は幸せになります。

コメント