「○○を叶えてください」純粋に心からこう願えるとき、願望は手放せています。どんどん手放していってください

引用元: ・【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その22

840: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:03:31 ID:1lvD406O0
>>414
どんどん手放していってください。
良いことも悪いことも手放していってください。
全て手放したとき、 「手放すことで失うようなものは何一つない」

ということに気づかれるはずです。
ぜひ、ご自分で見届けてください。 

>>417
神=全て=私
つまんなくないですよ。合点がいきます。
ループというのも良いですね。

>>419
クマーさんは

「神はまったく気にしない」
と考えているんですね。
奇遇です。私もそう考えていますw

841: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:05:34 ID:1lvD406O0
>>433(五さん)
> 例えば、さっき、神?カミ?

と考え事して階段踏み外して
「足を捻挫した!!」と、
思ったけど何ともなかった。
このときは、ホントに
神のご加護を感じましたよw

ちゃんと実感してるじゃないですかw 

パルプ・フィクションという映画で、

サミュエル・L・ジャクソンが
神に目覚めて、マフィアから足を洗う
エピソードがありましたよね。
相棒のトラボルタに、

「奇跡が起きたからではなく、

俺があの瞬間、神を感じたことが重要なんだ」

みたいなことを言うんですが、

そのとおりだと思います。
奇跡が起きなくても、
実感できる瞬間は無数にあるんですよ、きっと。
843: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:07:36 ID:1lvD406O0
>>449(五さん)> ということは成功後は

「○○できたので◎◎が出来た」という感想は
>ないというのが真実なのでしょうか?

これは、かなり核心をついたレスですね。
正直驚きました。

「○○できたので◎◎が出来た」

ご指摘のとおり、

この認定は嘘っぱちです。
一見、因果関係が成立して
もっともなように思えますが、違います。
たとえ、誰がどう見ても
そう思えるとしてもです。
実際に起きていることは、
そういうことではありません。

ただ、これについては、

もっとずぅ~っと後の方で書きますw
現段階では、五さんに
「真理への到達、おめでとうございます」
とだけ言っておきますw

844: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:09:39 ID:1lvD406O0
>>506
馬鹿になりきるというのは難しいと思います。
何度も試してみて結構ですが、

「なぜ馬鹿になりきれないのか?」

この問いかけをして、

内面と向き合ってみることの方が重要です。
それをせき止めているものは、
実現をせき止めているものと同じものだからです。
その部分としっかり向き合ってみてください。

不可能を可能にするのが神。
これは「自分にはそれが出来ない」

という思いこみが元になっていますね。
ここで「でも、神様に任せれば
可能になるんだから、お願いしちゃお」
と思えるのなら、
どっちでもいいように思います。

それも出来ない場合、その人にとっては
神という概念はあまり役に立たないかもです。

> 私じゃない人の方が都合がよさそうです。
なるほど、そうですね。
「自分が神なのだ」と考えることは出来ても、
それを実感するということとは

別問題なんでしょうね。

>>514
無限の可能性をもつ「自分」。
> 案外と何でもできちゃうもんね。

この軽さは良いですね!軽さは大事です。
…と書いたからといって、

軽さを深刻に捉えないでくださいw
846: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:13:59 ID:1lvD406O0
>>713
> 108さん、好転反応についてどう思う?
> 好転反応でどんな酷いことが

待ち受けてるかと思うと怖い

好転反応を予測していれば、

そのようなことが起きます。
あなたが自分自身をを納得させるためにです。
それ以外の理由はありません。

願う→好転反応→願望実現

あなたが自身が、願望実現に

こういった条件付けを
してしまっているのです。
さらに「どんな酷いことが
待ち受けてるかと思うと怖い」
と考えることで、
このプロセスが起きることを、
より強固に補強してしまっています。 
あなたは本来は存在しない、
プロセスの真ん中の
「好転反応」に「もの凄く」
集中しているので、 そのままだと、
それを引き寄せることになってしまいます。

解決のためには、

好転反応に対する恐怖心とじかに向き合って、
それをクレンジングするのも良いでしょう。

また、敢えて好転反応から意識をずらし、

「なんで、こんなにスムーズに

願望が実現してしまったのだろう?」

と考えるのも良いです。
後者のメソッドでは

「~してしまった」と考えることで、
「好転反応が起きる」
という予想が覆ったことを暗示しています。 
今の不安感を利用して、しかもそこに
意識を集中することなく、
障害となる観念をバイパスして、
結果に焦点を合わせる効果があります。
試してみてください。
847: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:17:13 ID:1lvD406O0
※上のレスとは少し言い方を変えます。

>>751
> 今ある憤りや後悔には

どう対処すればいいのだろう?

それは「今あるもの」ではありません。
そんなものは、過去にも現在にも、

 どこにもないのです。
それを、さもあるかのように考えてしまうから、
それに関連して、その感情を
「今」創造しているというだけのことです。 
「対処しよう」という心構えは
適切ではありません。 というのは
「それは頑として存在するもの」として
その存在を、かえって
確固たるものとしてしまうからです。

対処する必要はありません。
「そんなものは存在しない」

ということに気づくだけで良いのです。
まったく私たちは、幻想を
ありとあらゆる方法で
支えようと躍起になっています。
そんな支えは単純に取り外してやればいいのです。
848: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:18:17 ID:1lvD406O0
> 子供は両親と同じような

人生を歩んでいる人が多い

必ずしもそうとは思いませんが、
本当に意識的に生きていないため、

そういうことが起こります。
親から自然に感じ取った
観念にしたがって生きる方が、
意識的でない場合は簡単で、
自然に感じられるからです。
要するに、観念からの抵抗が少ないのです。 


だとしても、それは
ご両親のせいではありません。
関連づけているのは
その人自身に他ならないのだから、
関連づけることを止めれば、
そういうこととは無関係になります。

神=自分。う~ん、

確かにそうだと思います。
(皆さん、驚くほど
達観されているように思うのですが、
気のせいでしょうか?)
849: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:20:38 ID:1lvD406O0
>>752「○○したい~!」
と願うと、その状態が創造される

というのは本当です。 
そのとき「○○したい」

という感情が最も強力だからです。
そしてその感情は、
渇望を表現しているものだからです。

「○○を叶えてください」

と願う場合、叶える主体は

自分ではありません。
なので、純粋に心からこう願えるとき、
願望は手放せています。 

そこに「自分がこうしたい!」
という感情はないため、
渇望を実現することにはなりません。
むしろこのとき、
渇望感を手放しているのです。

775: 本当にあった怖い名無し 2008/05/15(木) 18:09:22 ID:iQtV9CRI0
4月中旬にここで事業資金億単位が

切羽詰ってる上、
社長も何故か第3者的なので
自分で何とかせんとあかん、
ストレスで頭もちょっとおかしくなってきた・・・
というような状況でアドバイスを受けた者です。
108さん覚えてるでしょうか? 
「いろいろ意見したりするけど、
その後を書いてくれる人が少ない」
って108さんが言ってたので簡単に報告します。

当時、今すぐにでもどこかの親切な人が

会社の私宛に尋ねてきて、数億円ぽんと置いて
「どうぞ使ってやってください」って言って
帰っていく、ようなことを毎日願っていました。
一ヶ月たった今ももちろん
そんなことは起こっていないどころか、
具体的に何も変わった事はありません。
 
がしかし、最近ある事がありまして、
それは悩みを解決するための
大きなキーになるに足る、事に気づきまして、
あぁ、これがひょっとしたら経験者がよく言ってる
「思いもかけないことが
絶妙なタイミングで起こった」
ということになるのかなと思った次第です。

一、二ヶ月の内には予感が当たっているか

勘違いかはっきりしますが、
108氏に「間違いない」
と今言ってもらえたらありがたいかな。
少なくとも絶望的で周りにも多大な迷惑をかけた
当時の心境からすると、今は考えられないぐらい
リラックスできているので、
それだけでも108氏をはじめ
ここの住人にはお礼を言いたいです。
「ありがとう」

お気に入りのフレーズを書きますね。 


「今起こってること事の全ては完璧である」
「私の妄想はことごとく現実化してきた」
「目に映るものがどうであれ、
自分は絶対的に安全である」
「なぜか分からないが全てうまくいった」 

「私は何があろうと絶対に○○しない。
これは決定事項である」
「私は一体どうやってあの状況から成功できたのだろう」
851: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:25:57 ID:1lvD406O0

>>775

ご報告ありがとうございます。
リラックスできる状態になれて良かったです。

私が言うまでもなく、

ご自分でお気づきなんじゃないでしょうか。
私から見ても、
その状態は「間違いない」です。
神について、色々ご意見ありがとうございました。
今後も引きつづき、神について

考えて欲しいのですが、
取りあえず募集としては、
いったん締め切りたいと思います。
(また思いついたら、
レスの合間にでも書き込んでください)

私が一番印象に残った答えはこれでした。

>>368
> 神さまは信じ切れていないです。
> っつうか、嫌いです。

何もしてくれないから。 

こんな感じのレスがもっとあるかと思っていたのですが、
意外にも、皆さん相当ハイレベルな認識なので、

少々驚きました。
さすがオカルトスレ住人です。

それとも、神様に対して個人的感情を表明することを
あまり良しとされていないのでしょうか?
「あんまり失礼なことを言うと罰が当たるかも」

という恐怖心でしょうか?w 
抽象的なとらえ方をすることで、
自分の内面の「神」という観念と
向き合うことを避けているのかな、
という風にも少し感じました。
852: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:27:00 ID:1lvD406O0
>>368さんの答えは本音だと思います。
私もそう感じていたことがありました。もちろん、この問いに正解はありません。
ただ、もっと本音で向き合ってみても

良いのかな、と思います。
本音で向き合わないと、ずっと保留のままです。
つまり、自分にとって
役に立つ属性を与えられないままでいる、
ということです。

神は役に立ちたいと考えています。
逆にそれ以外ありません。
それを受け入れることを、
少しずつ始めて見たらどうかなと思います。

以上です。
連投失礼しました。。。

856: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:50:02 ID:cXxRz0fF0
>>853別に瞑想を行う必要はないですよ。
布団に入って眠ろうとしているときの方が、

むしろ上手くできるでしょう。
お母さんにだっこされている
赤ちゃんだと思いこめば、
感覚がつかみやすいと思います。

でも、どうしても出来ないのでしたら、

それで構いません。
馬鹿になることに対して、
内面の深いところで
もの凄く抵抗があるのだと思います。

「馬鹿になって、コントロールを

手放してどうする!おじゃんだぞ!!」

こういう観念があるのです。
いうまでもなくこれはエゴの働きですが、

仕方ないことです。
858: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 01:52:14 ID:cXxRz0fF0
「ダメだ、100%ではないかもしれない」

この時点で理性と判断が働いています。
意識的にこの働きをいったん手放すことが、
どうしても出来ない人もいるでしょう。

それなら、逆にそれを利用してください。
まず、10%から始めるのです。

頭がどう感じていようが、

「今日は10%馬鹿になる」

と決めて、お願いします。
次の日は20%、その次の日は30%…

という風に、徐々に上げていってください。 
100%の日が来たら、頭でどう感じていようが
メソッドを終了してください。
そして、

「100%馬鹿になれていなかったかも

しれないけど、別にいい」

と考えてください。
つまり「100%馬鹿になることを手放す」

ということです。
それが出来たら、効果は同じです。 

>>855
こちらこそ、ありがとうございます。
分かりにくいかもですが、

私の方こそ皆さんに癒やされていますよ。
いつも感謝しています。
864: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 02:15:56 ID:cXxRz0fF0
ああ、ひとつ書き忘れました。「一刻も早く、100%馬鹿になって

神様にお願いしなくては!」

こういうときも、

なかなか馬鹿になれません。
「上手くやらなくては!」
という思いが強いからです。
つまり、コントロール
しようとしているわけです。

100%馬鹿になるとは、そういったものも

「もう、どうでもいいんだよ~」

と手放すことです。
自分を強迫観念で追い詰めていたら、

ますます理性がフル回転します。
自動的にそうなるようになっているのです。

自分自身に何かを課せないで、

どんどん楽にしてあげてください。では。。。

865: 108 ◆90KoxUVipw 2008/05/16(金) 02:27:13 ID:cXxRz0fF0
>>863

> しかも100%バカといのは、

私の頭では、
恐ろしくて想像できない程の
生態系になってしまいます。

あ~、やっぱりそういう観念がありましたか。

馬鹿とは無知のことです。
知がないのだから、

理性も判断も何もないということです。
したがって、生まれたての赤ちゃん
というのがイメージとして近いわけです。

のび太とか激烈バカ

(懐かしいw)というのは、
一種のパーソナリティをもった
キャラクターですよね。
そういった色のついてない、
純真無垢な状態ということです。

だっこされている赤ちゃんが

「すわ!今コイツがうっかり

抱き損なったらどうしよう!
地面に真っ逆さまじゃないか。
すると勢いよく叩きつけられて、 
激しい痛みを伴った、
ただでは済まない怪我を負うことになる。
骨も何本か折れるかもしれない。
もし打ち所が悪かったら…」

なんてことは考えません。
完全に、母親を信頼しきっている状態です。

それをイメージしてください。
瞑想が得意なら、まずはその感覚を

瞑想中体感するようにしてみてください。
なんかわからんが、
>>863さんはうまく出来そうな気がします。

コメント