【現実化までの間にすること 】楽しい事しよう!で終わり。 楽しい事は自動でやってきますから

175: もぎりの名無しさん :2011/07/28(木) 22:56:43 ID:IAC6ChbU0

>153 もっとあなたの話しがききたい。
エゴが「相手からきてほしい」と言っているのね。


理由はだって楽じゃん。
好きなものが向こうから手元に舞い込んでくるんだよ。
自分から労せずして。だからだよ。
鴨がネギ背負ってやってきたみたいな。
まあでも、その前に
自分でいくのはあまり得意じゃないし、
緊張するし、振られたら嫌だもん。
だったら相手からきてくれた方がいいし。

>>154
実現化が気になるんだよね。
実現までエゴ「私」は
どうしてりゃいいんだろ・・?
別の領域に任せるって
思考で邪魔しないってことか・・。

自動的に用意してくれるとは言うけど
どこまで自動的に用意してくれるもんなのか、、
「好みの子と付き合いたい」で
ただどっかで好みの子と出くわす、すれ違う、
信号待ちで前の車にいた、とか、
どっかで彼氏といちゃこいてた女が俺の好みだった
って事はあるが、
別の領域が用意してくるのってそこまでなの?

ちゃんと出会い知り合い付合うところまで
自然にそれこそ自動的にとりはからってくれる
もんなんでしょ??

 

 

177: 153 :2011/07/28(木) 23:53:24 ID:1WvmDLc.0

 

>175
>>176

やっぱり、この感覚はエゴ視点だと
本当わけわからん!と思うだろうけど、
なるべくわかりやすく書いてみますね。

相手から来て欲しい!
とエゴが言ってるのは
あなたが書いている通り楽だし、
失敗するのが嫌だし…って思ってるからですね。
でも楽だし、失敗するのが嫌だし…もエゴだ、
というのはわかりますよね?

これは、なかなかエゴと別の領域の思考を
区別するのが難しいんですが
「あの子と付き合いたい!」っていうのは
別の領域から浮かんだ思考なわけです。
そして、そこでエゴが理由や条件を色々つけるせいで
「あの子から来て、付き合いたい!」
に願望がすり替わっているんですよ。

 

あの子と付き合いたい!が浮かぶと、
全ては知覚出来ないほどにオートマティックに
別の領域が用意してくれているので、
そこでエゴの言葉に耳を向ける事は無いんです。

>>154の方については
エゴ視点で見ると、
好みの女性が彼氏とイチャイチャ
→くそっ!人のもんだなんてっ!となりますが
別の領域からしてみれば、
そういう場面を見せてあるんだよーってのを
知らせたいんだと思います。

なになにが欲しい!→
あの人は持っているけど私は持ってない!
っていう不足感を見せたいんじゃなくて

なになにが欲しい!→あるよあるよ!
っていう「既にある」を
見せたいだけなんだと思う。

なので一概に、現実化まちの時に
そういう場面に出くわすとは言えないけれど
そういう場面に出くわしたら、
メソッド的に言うと「あ、あるじゃん!」
とか他人という概念もないので
「俺が彼女と幸せそうにしてるわ!」と、
「ある」を認識する。

で>>176の方は
じゃー、TVが欲しいとする。
電気屋行って目の前にずらーっと並んでる。
「欲しいなー」別に最初はそう思っても
良いんだけれど、
私=世界なのでTVは私の中にある。
ってことは「あ、でも全部私なんだから私の中にある。
じゃあ下さいな」になる。

えーと↑は、え?となるかもしれないんだけれど
エゴ視点で欲しいな、となると、
そこには色々な条件が付き纏ってきますよね?
「私のTVじゃない」「今はお金が無い」
「誰もプレゼントしてくれそうにない」
この認識のまま欲しいと思うのはNGなんですが
全てが私で全てあるというのをわかっていれば、
別に欲しいな!と思って良いんですよ。

確かに電気屋にある売物のTVではあるので、
今ここで奪います!とかじゃないんだけど
私の中にあるTVで楽しみたいので、
所有物として下さい。
みたいな感じかなあ…。
上手く伝わるかわからないけれど。

でもメソッドとかじゃないから
エゴ視点のままやっても
叶ったり叶わなかったりだと思う。

 

178: もぎりの名無しさん :2011/07/29(金) 00:51:21 ID:qOOYw4Fw0
>>177さん

めちゃめちゃ分かりやすい。
てかあなたので分かったよw

 

180: 153 :2011/07/29(金) 01:40:46 ID:1WvmDLc.0

>>178
良かったあああ!!!!
嬉しい(´д`*)

あと最近気付いてる人もいるみたいなのだけれど

願望って、別の領域から浮かんでくるんですよ。
願望ってか普通の歩くとか水飲むとか呼吸すらも。

でも、それが呼吸するとか水を飲むとか
当たり前に感じる事以外が浮かぶと
それをエゴが勝手に無理そうだ、とか
こうしなきゃ叶わないとか決め付けてるんです。

全くおかしな話ですよねw
別の領域(世界)にあるから
浮かんできているのに。

 

別の領域とか宇宙が私とか
世界が私だとか言われると、
私は得体の知れないものに操られてるのか!?
と思うかもしれませんが
浮かびあがってくる願望すら
別の領域や宇宙や世界から生まれてきたとわかると、
エゴ的ではありますが
「なんだ、私ってのがちゃんと存在してるじゃないか」
と安心しますよね。

コントロールするな、
とか自由意志が無いと言うのは、
あるから浮かびあがってきているのに、
無いと勘違いして
メソッドしたりしなくて良いんだよーって事。

本当に世界はオートマティックなんだよ。
全部あるから願望が浮かんでくる。
そしたらそれをエゴの不足感や嘘の認定で
曇らせる必要無い。

あと、「あるのはわかったけれど、
現実化までの間なにしてれば良いの?」
ってなる人は多いと思います。
でもそれすら全自動なんです。

 

普通だったら
なにしてよう?→楽しいことしよう!
→楽しいと思える事がない(´д`)
となってしまうと思んですが
「楽しい事しよう!」で終わりで良いんです。
楽しい事は自動でやってきますから。

その楽しい事がやってくるまでの間に、
またエゴにのまれないで下さいね(笑)
例え寝っ転がってようがTV見てようが
ネットしてようが、
それすら別の領域から浮かんでいるから
「こんな事してちゃダメだ」
と否定しないで下さい。

 

 

182: 153 :2011/07/29(金) 02:39:34 ID:1WvmDLc.0

>>181

水を飲もうと思って、
水道をひねると断水だった(´д`)
イコール、水なんて飲めないんだ!
とはなりませんよね(笑)

そんな感じと一緒です。
ただ断水が起こっただけなんです。
断水→水が飲めないの「→」が関係無い。

他の事も一緒です。
お金が欲しい!と思って、
そのあとにお金が貰えそうな状況になったとします。
ですが貰えませんでした。
それすら関係無いんです。
ただ現実化の途中で起こっただけ。
お金が貰えそうな状況と
決めているのはエゴですよね。

感情についてですが、上の「→」は
関係無いを理解している前提の場合、
ただ感情すら別の領域から起こっただけの事ですから、
ムカつくならムカつく!でも良いと思いますよ。

でもまずは「→」に気付くことで変わると思います。

 

 

 

190: 153 :2011/07/29(金) 12:50:21 ID:1WvmDLc.0

>>183
あなたは…wって
私は最近覚醒したわよw

>>184
何か気付くと、すごく簡単な事だったじゃないか!
と思うので伝わると嬉しい(´д`*)

>>185
ケニア=別の領域みたいな表し方でしたよね?
んー、たまにエゴが顔出す時もあるけど、
すぐ気付くのであまり気にならないかな。
多分気付き方が重要。
不安に思ってるんだなー、では無く、
まず不安になる事すら存在しなかったから
それに気付いた方が良いと思いますよ。

>>186
私もありがとう!
良かった(´∀`)!

>187
ありがとうっ(´∀`)(´∀`)!!

 

>>188
何と無くでもわかっていただけたでしょうか?

そう、なんか全部がひとつで、
全部が自分みたいな感覚だと思います。

そして、私(エゴ等)からすると
時間があるように思えたり、私の体だ!
となりますが、本当の私(別の領域)からすると
時間の概念や私の肉体だ!という概念は
無いんです。

願望=実現は一旦置いといて、
起こった事は起こっただけだから
「こうしたい!」と意図が出てきたならば
それで良いんです。

あと、失いたくない!
と思ってるのはエゴですよね?
ただの意図にあれこれ付け加えて
願望をエゴがすり替えているだけ。

 

>>189
叶ったり叶わなかったりは
今までの潜在意識や引き寄せやメソッドと一緒。
まず最初の前提が間違っているから叶わない。

明日までに支払いをしないとやばい!
→誰かにお金をもらえるように祈ろう

というのは前提が間違っているので
お金をもらえるかもしれないし
もらえないかもしれない。

あなたの例えの願望
(本気で好きじゃないけど~)はエゴだよ。
例えかもしれないけど、
その奥底には色んなエゴの条件や
概念が付き纏っているはず。
今まで良いと思った人は彼女が出来てしまった、
とか恋人という肩書きが無いと
他人を思い通りに出来ない、とか。

うーん。
かなりエゴエゴなので
伝わってるかわからないですが

この人と一緒に居ると楽しいね!
って純粋に別の領域から湧き上がってきた気持ちを、
↑の様にエゴの勝手な解釈で
すり替えているだけだと思うよ。

コメント